歴史 / zeronpa / URL
2020年03月25日 00:30

なぜ15世紀にヴァイキングはグリーンランドから姿を消したのか…証拠が見つかる

 

グリーンランドからヴァイキングが消えた理由00
8〜11世紀ごろに、ヨーロッパからロシア、果ては北米まで略奪や交易によって影響力を持っていたヴァイキング。

一部はグリーンランドに定住しましたが15世紀ごろに突然姿を消し、その理由は長年に渡る歴史のミステリーとなっていました。

一因と思われる証拠が見つかったそうです。

グリーンランドからヴァイキングが消えた理由01
大部分が北極圏に属した世界最大の島グリーンランド。

そこに定住していたヴァイキングが、15世紀のある時期を境にこつぜんと姿を消しています。

その理由は……。

グリーンランドからヴァイキングが消えた理由02
セイウチ。

食糧や毛皮としても重要な生き物ですが、当時なにより重宝されたのは牙。ヨーロッパ各地に持ち込んで交易していました。

グリーンランドからヴァイキングが消え理由03
セイウチ漁の規模が拡大していた証拠が見つかったことから、乱獲によって15世紀に激減、グリーランド定住の基盤に悪影響を与えた可能性があるとのことです。

他にも気候変動やアフリカの象牙が競合するなど、厳しい状況が重なったと考えられています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。