2020年04月05日 21:40

「トランプ大統領がシンガポール生産のマスク1000万枚を要求するも3Mに拒否された…」海外の反応

 

3M・N95マスク
アメリカ中で感染爆発が広がっており、特に東海岸では人手も医療用品も追いかず、医療崩壊のニュースが連日報じられています。

3M(スリーエム)は、医療従事者が使う「N95」規格マスクを生産するアメリカ複合企業で、主な生産拠点はシンガポールや中国。

トランプ大統領が「国防生産法」に基づき、シンガポール生産の医療用N95マスク1000万枚をアメリカへ回すように要求し、それを3Mが拒否したニュースが海外掲示板で話題になっていました。

3M refused Trump’s demand to divert 10 million N95 masks produced in Singapore to the US. The masks are produced in Singapore and exported to countries in Asia.

3Mは医療、保健、ヘルスケア分野の製造企業で、シンガポール工場生産のN95マスクの多くはアジア市場に輸出されています。

今回その分をアメリカに回す強い要求し、拒否した3Mに対して「大きな代償を支払うことになる」と、脅しともとれる発言をしています。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●トランプ大統領は何だって、
先週の「そんなにマスクや呼吸器は必要ない」発言から、
今週の「不足しているのでよそからマスクを没収する」に変わったんだ。

●トランプ政権下では、アメリカブランドはもう、ながーーーーくは回復しないだろうな。

↑カナダでは、何があろうと70%のアメリカとは仲良く同盟していると理解している。
しかし、何かあったときに30%のアメリカとは、彼らが利益優先して我々を迷いなく切り捨てることを知らないほど愚かではない。
そのときには残念ながらそれに応じて政治を行っていく。

●これは海外に生産拠点を置くアメリカ企業にとって興味深いことだ。法的な疑問を投げかけることになる。
合衆国法はアメリカ企業に海外の生産工場をアメリカに向けるよう強制することができるのだろうか。こうした企業は2つの法の板挟みになってくるかもしれない。

↑アメリカ以外の国にも輸出に対しての法律があり、興味深くも何ともない、いや真面目に輸出の法律は退屈だよ。
合衆国法はアメリカ企業の製品を強制的に向かわせることはできる。それと同様に外国の政府もブロックすることが出来る。
一番興味深い問題は、アメリカ政府がアメリカ企業の海外拠点を、現地の法律に反して従属させられるかどうかである。

↑VPNがこれと同じことをすでに体験している。アメリカはよその事情を気にせず手を広げる。アメリカ人にとってはアメリカに関連する法律だけが重要なのである。
一応の防御法としては、完全なアメリカ人ではない者がアメリカ以外で法人化することだが、それでも大っぴらにアメリカの法律に抵触すれば、大きな名前(中国、ロシアなど)が背後にないと守られない。
政府がなんとかアメリカに(マスクを)回す方法を見つけて、3Mの上層部が従わなかったと禁固刑にすることも出来る。
(追記)わかったよ。みんな企業が税金を払いたくないことはわかった。自分は会計士じゃないので。

↑じゃあ現地の国が工場を閉鎖したらどうなるの?
どこの国だって外国の法律を自国の法律より重んじることはない。アメリカが工場を持っている国すべてと戦争でもしない限りだが。彼らに外国の工場をコントロールはできない。

↑「戦争でもしない限りだが」
なんてこった。われわれ(アメリカ人)は悪者になるのか。

↑そうだよ。地球滅亡のときにグループから抜けたサイテーなやつになる。

●3Mが反論している記事があるね。(英語)
興味深い内容だよ。(3M側はトランプのやり方が逆効果になると反論)
3M hits back at Trump, says ceasing exports of N95 masks will have ‘opposite’ effect, humanitarian consequences - MarketWatch

↑この1か月のトランプのぐずぐずしていた対策は、急によそのマスクを盗む方針になったようだ。彼の計画は人からぼったくることであり、このストレスの時期に古いやり方に戻っている。

●3MのN95マスクの技術仕様表を見るといい。世界中の原材料を使用している。もしアメリカが輸出を閉鎖するようなことがあれば、まず材料がそろわなくなる。
そして各国が自分たちで作り始める(非効率になる)。仕事の供給を崩壊させる行動は、世界中の不足を悪化させるだけ。アメリカも含む。報復に出ようと出まいとね。

↑その間にオーストラリアは今週100万リットルの消毒液を台湾に送り、台湾は3トンのフェイスマスクを送り返した。その協定は何の威嚇も海賊行為も脅迫もなく結ばれた。
アメリカよ、いったいどうやってマネタイズするかを座って考えているだけではなく、一歩下がって他国がどうやっているかを見るといいよ。

●ええと、シンガポールは工場を国営化すればいいだけ。製品を外注するときの問題だよね(小声)。

●3Mがトランプの要求に従えば、外国にある工場は国営化されるだけだ。そしてもう戻ってこない。

●フィリップ(オランダ企業)は、呼吸器をアメリカで製造している。
よその国が先に注文したにもかかわらず、アメリカが彼らに供給を強制することを予測してか、呼吸器のパーツが海外からアメリカに来なくなり生産がストップしてしまった。
だからこれも結果がどうなるか興味深い。

●ようやくトランプがパンデミックに対して真剣になったことは良いとして、他国に迷惑をかけるのは予想を超えていた。

●彼は必要ないと言ってたよね? 今はよその国から盗もうとしているのか。


3Mジャパンも以前はシンガポール製造のものを輸入していましたが、2016年以降は日本国内生産にシフトしています。

世界中でマスク需要が供給に追いついていない状況ですが、各国が協力関係になるのか、奪い合いとなるのか気になるところです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。