2020年04月07日 12:20

新型コロナで入院した同僚を勇気づけたい…消防士だけができる強引なお見舞いのしかた

 

消防士だけが可能なお見舞い00
新型コロナウイルスで入院すると、感染症防止のため、たとえ家族であってもお見舞いをすることは原則できません。

しかしながら、その例外に当たる職業もあるようです。

アメリカの消防士がはしご車を使って、窓の外から同僚のお見舞いをしました。

消防士だけが可能なお見舞い01
フロリダ州マイアミデード郡の消防隊員が新型コロナウイルスに感染し、病院の4階に入院してから1週間以上が経ちました。

闘病する隊員を元気づけたいと考えた同僚たちは、はしご車を使って窓の外から励ましのメッセージカードを掲げることにしたのです。

容体は良好だという消防士は、「この気持ちをどう説明していいかわからない」と、仲間たちの愛情に感激しているとのことです。

他の職業ではまず真似のできない、消防士ならではの飛び道具ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。