2020年04月10日 11:56

「ヒマワリの種、野生のものと栽培されたものを並べてみた…」同じ50粒でもこれだけ違う

 

ひまわりの種00
ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸で、紀元前からインディアンの重要な食糧でしたが、1510年にスペイン人が持ち帰ったことでヨーロッパに普及して行きました。

現代の栽培されたヒマワリは品種改良が重ねられたもので、野生のヒマワリとは種の見た目からして違うとのことです。

種50粒の比較写真をご覧ください。

50 seeds each from cultivated sunflower (left) and wild sunflower (right). Both are the same species. from r/mildlyinteresting

右の黒ゴマみたいな小さな種が、自生している本来のヒマワリの種だそうです。

同じ50粒ですが、野生のものはそんなにあるようには感じられませんね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●野生のヒマワリは枝分かれした小さな花と種になり、栽培されたものは1本の茎に大きな種のなる大きな花になる。
ひまわりの種01

↑それで今年手に入れたヒマワリがなぜ枝分かれしたかわかった。花が50ずつくらいついていた。

●たくさんの品種が似たような感じだね。野生のニンジンを見たことあるかい? とても小さい。
ひまわりの種02

●野生のバナナはこれ。
ひまわりの種03

●遺伝子組み換えされたのかな?

●食用植物のほとんどが、数世紀に渡って品種改良されてきた。

●右側はネズミの糞かと思った。

●両方とも同じくらいの栄養価があるのか気になる。


印象は違えど、野生の花も独特の美しさがありますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。