2020年04月10日 18:30

「ロシアのATMに並ぶときのマナーが変わったけど…これを見て納得できなかった」

 

ロシアのATM
ロシアでは新型コロナウイルスが流行して以降、ATMに並ぶ際もソーシャルディスタンス(社会的距離)をキープするようになってきたそうです。

ところがその様子を見て、「何か問題が残ってる気がする……」と疑問に思った人がいました。

写真をご覧ください。

Well, thank goodness the virus can’t move sideways. from r/funny

利用者が並ぶところに、前後としっかり距離をキープするよう立つ位置が記されています。

しかしながら横は……。

密着するほど近い!

急造の対処なのでしかたない面もあるのでしょうが、ウイルスが前後にしか広がらないと信じるしか……。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これはウイルスだよ。チェスのルーク(将棋の飛車の動きをする駒)じゃないんだ。

●新型コロナはチェスのポーン(将棋の歩のように前にしか進めない駒)だったのだ。

↑左端に写っている人は、明らかに動こうとしている。

↑もうこれは、ポーンデミックだ。

●きっと新型コロナは横には行けないんだよ。そうジュネーヴ条約に記載されているんだ。
●左の人は誰を待っているんだろう?

●あるいはATM使用者のプライバシーを守るためのもの……

↑これは新型コロナの前からあったのかもしれないな。

↑感染が広がる前に、ATMの列のための印なんて見たことがないんだけど。

↑これはロシアの写真だけど、間違いなく新型コロナの予防策だよ。この国ではプライバシー用にそんなものはなかった。

●これはある意味で3Dチェス。

●この印だと、そこに立ってはいけないと言う風にも見える。


左右の列が並ばないように、ずらした印にしてほしいところですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。