2020年04月13日 00:19

「新型コロナ患者の心を和らげたい…」防護服の胸に『笑顔の写真』を貼る

 

防護服に笑顔の写真
新型コロナウィルス感染者を受け入れている病院では、医療従事者はマスク、ゴーグル、防護服などの完全装備で患者に対応しています。

「表情すら見えない物々しい格好を見たら、患者の心は余計にすり減ってしまいそう……」

そう考えたアメリカの病院が、胸に自身の笑顔の写真を貼ることにしたそうです。

このアイデアを思い付いたのは、カリフォルニア州サンディエゴにあるスクリップス・マーシー病院で呼吸療法士をしているロベルティーノ・ロドリゲスさん。

「心身共に苦しい中で闘病を続ける患者の心を、少しでも和らげることができたら」と考えたそうです。

彼の行動に同僚たちも続き、ツイッターやインスタグラムでは多くの「いいね」が付きました。

さらに同業の医療従事者たちから、次々に「同じことを始めました」と連絡が入り、賛同者の輪が増えているそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。