2020年04月20日 21:49

コロナ禍でもフランスパンを食べたいドイツ人…フランス国境で釣り竿を使ってパン屋から受け取る

 

フランスパン国境で釣り竿を使って購入
フランスと国境を接するドイツの街ラウターバッハの住民たちは、フランスの街までフランスパンを買いに行くのが日常でした。

しかしコロナ禍によって国境は現在閉鎖中。

どうしてもフランスパンを食べたい住民は、なんと釣り竿を使ってフランスパンを受け取っているそうです。

場所は、ドイツの街ラウターバッハとフランスの街カーリングの国境沿い。

ドイツの客が電話でフランスのベーカリーショップに注文し、この場所で受け渡しをしているとのこと。

実は釣竿は必須ではなく手渡しも可能なのですが、感染リスクを下げる観点からも釣竿を使うのは合理的かもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。