2020年04月22日 22:03

銃で胸部を撃たれた女性、豊胸シリコンバッグのおかげで命拾いする

 

銃で撃たれた女性、豊胸シリコンバッグで命拾い
カナダの女性が至近距離から心臓付近を撃たれたものの、胸部に埋めこんだ豊胸用のシリコンバッグによって命拾いしました。

シリコンバッグによって命が救われた症例が報告されたのは、今回が初めてだとのことです。

医学誌SAGEのレポートによると事件が起きたのは2018年。

撃たれたのは30歳の女性で、自力で救急外来までやってきたそうです。

銃弾は左胸のシリコンバッグに当たって方向を変え、右の肋骨を砕いていました。

もし、真っ直ぐ貫通していたら心臓か肺が重大なダメージを負っていた可能性が高いそうです。

女性を銃撃した人物や銃は見つかっていないとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。