2020年04月23日 23:58

「経営者に質問、クビにした最もクレイジーな理由は?」回答いろいろ

 

解雇
雇用主側にも事情があって解雇しなければいけない時があります。

いろいろな事情が想像できるものの、あまりにトンデモだからという理由も少なからずあります。

「あなたがクビにした理由で、最もクレイジーだったというのはどういう事情ですか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

What’s the craziest reason you had to fire someone?

●火のついたタバコを手にしたままデスクで寝てしまうやつがいた。
小さく区切った仕事スペースでいっぱいのオフィスでだ。……たぶん6〜7年前。
そのオフィスビルは言うまでもなく全面的に喫煙禁止だった。それも初犯ではなく2度目だったので解雇となった。

●どうしようもないその男は、24時間の間に……
・ほかの従業員とケンカを始めた(カメラに写っていて目撃者もいた)警察を呼び、相手がふっかけたと言い、告発しようとしたので、録画を送り付けた。
・翌日、敷地内に不法侵入し、上司へろれつの回らない物言いをした(カメラが目撃)。そしてまた警察へ通報し、上司がけしかけたと言い出した。録画を送り付けた。
・自傷行為をして病院へ行き、医師に職場で攻撃されたと言った。医師は彼の話と一致したケガを見つけられず、そしてまたカメラ……。

●小売関連をしている。ある従業員が衣類棚の中に入り、隠れて昼寝していた。だがそれが理由で解雇したわけではない。衣類を盗んで、それを職場に着てきたからである。

●その男はレストランバーで働く時間ぎりぎりに病欠の電話をしてきた。めちゃくちゃ酔っぱらって、その日の時間にやってきた。頭はあまりよくない。

●その馬鹿は初日にレジから100ドル札を盗んだ。

●材木会社だったが、初日の2時間後に、フォークリフトで自分の車を持ち上げて、運転中に何がカタカタ鳴っているのかを見ようとしていた。

●アートスタジオで働いていた。クラスで教えて陶器に絵を描いて売っていた。自分はアーティスト兼マネージャーをしていた。ひとりの女性従業員に対して、少し変だなと思い始めていた。何か間違ったことを堂々としているわけではないが、仕事がとても遅く、変わったスケジュールを組んだり、変更したりしていた。
ほかの人と休憩時間をずらしていた。もしかしたら盗みを働いているかもと思ったが、小さなビジネスなのでCCTVも何もなく証明できなかった。ところが偶然、彼女はうっかり自宅から私が作った作品の動画を送ってきた!

●新しい女の子を研修している。パソコンの前に一緒に座っていると、彼女は周りを気にして、「あの男性は独身?」「ではあそこの彼は?」と全くこちら(仕事)に集中していない。私がやっていることを見てもいない。通り過ぎる男性のチェックばかりしていた。
最初は優しく「今やったことを見た?」「この場合は、こうするのよ」などと説明していた。ところが彼女の目は遠くを見ていて何も吸収していない。
優しくしても効果がないとわかると、「ここに働きに来たのでしょ? それとも彼氏でも探しにきたの? 仕事をしにきたのではないなら、代わりの新しい別の人を探すことになる」と強く言った。
それで15分くらいはまともになった。休憩にするというと彼女は笑顔で「ちょっと4階に良い人がいるから見てくる」と言った。
休憩後、ファックスルームに彼女を送ってファックスの書類を取りに行ってもらった。メール係の男性がそこにいてファックス用紙のロールを交換していた。彼はメールの部屋から出てきて、私に「新しい研修中の子はどこかおかしい」と言う。彼はとても緊張していて、私は何があったのかを尋ねた。
彼が言うには、彼女はファックスルームいて、そこはマシーンが多くあるので暑くなる。彼女はお尻をテーブルの縁に置いて下着が見えるほどスカートをまくり上げた。そして背中をのけぞらせて、ドレス前のボタンをはずし、ファックスの紙でぱたぱたとあおいだ。そして「ああ、とても…ここは……暑いわ」と、まるでハレンチな動画のオープニングのようなことをしたらしい。
彼のいうことを100%信じた。きっと彼女は本当にそうしたのでしょう。彼女の派遣会社に電話して断りを入れた。それはまだ、彼女が来て2時間も経っていなかった。
派遣社員の話ならいっぱいある。

↑派遣社員ストーリーを定期購読したい。

●うちの病院の緊急病棟の看護師が、廊下で外科用メスを持ってもう一人の看護師に対し「これでお前を切ってやる、ビッチ」と叫びながら追いかけたので。

●薬物でハイになったまま来て、ペンキ塗りをしている間に洋服ダンスに消えていった。いったい何をしているんだと尋ねると「しぃーっ、今、会話をしているんだ」
それが彼の最後の日だった。

●CEOからインターンの1人を解雇するように言い渡された。理由はCEOが1人のインターンを気に入っていたが、もう1人のインターンがその子に言い寄っていたからである。

●バーの店長だったが、野心あるDJの男が来て「日曜の夜だけの雇用はどうか?」と提案してきた。最初は「給料はいらず、チップだけでいい」と言い、客が増えてきたら交渉をし直すということだった。
彼は3か月も続かなかった。客を減らしたしクレームもあった。彼は毎週同じ曲をかけ、客がリクエストを出されても(よく知られた曲)、彼は全く知らなかった。
無料で働いてくれている人をクビにすることになった。いいやつだったことだけが、そこまで長く続いた理由だった。


いろんな事情があちこちにあるようです。しかしクレイジーな人も結構いるということですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。