2020年05月06日 13:42

アメリカ人「3月に新型コロナ検査を受けたけど…請求書を見て卒倒しそうになった」

 

アメリカの新型コロナの検査費用00
パンデミック以前から、アメリカの医療費の高騰が社会問題となっていましたが、3月に新型コロナの検査を受けたアメリカ人が、請求額を見て卒倒しかけたそうです。

請求書の内容をご覧ください。

Best friend got tested for Covid-19 a few months ago and just got the bill.

アメリカの新型コロナの検査費用01
検査:2223.00ドル
診療/治療画像:669ドル
緊急室:1766ドル
合計:4658ドル
保険金:725.20ドル
前回の支払額:250ドル
残高:3692.80ドル

合計:4658ドル=約50万円

驚くべきは保険が適用されて、検査だけでこの金額とのことです。

さすがにアメリカでも検査負担が重いことが問題視され、3月後半以降は検査の無償化が始まりましたが、この請求書の日付はそれ以前のようです。

他にも病院に掛け合ったり、割引きの方法があったり、法律を利用したりなどのライフハックはいろいろあるとのことですが、それにしても元が高い。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●そのお友達に保険会社に確認するように伝えてあげて。多くの保険会社が検査代を100%カバーしている。3月中旬に適用されたのでそうなったので、その可能性はある。がんばって!

↑「検査無料」は医療費負担適正化法により、義務付けられているはずだよ。

↑これはその法案が通る3日前だから、日付をさかのぼって適用されるかはわからないな。

●場所はどこ? 自分はサウスカロライナで3月に受けて陽性だった。
請求書は34ドルで、それは一緒に受けたインフルエンザ代。
パンデミックなので検査は無料だと言われたよ。

●なんてこった。なぜ保険に入るんだ。

↑715.20ドルのため。保険は月に500ドル(約5万5000円)

↑月に500ドルだって。今頭がぶっ飛んだ。

↑そういうことし心配しなくちゃいけないってことが考えられない。

↑これもフリーダムなやつ。

●よその国へ行って検査するほうが安そう。

↑「安そう」ではない。
ほとんど国境を閉鎖していないここドイツへアメリカ人が飛んできたとして、検査して家に帰ってもその4分の1くらい。余ったお金で高級ホテルも泊まれるよ。

↑ノルウェーもそう。その値段は純粋にバカげている。

●議論するまでもなく、健康問題で援助を受けたい人に対して、保険の利かない何千ドルの負担を与えるなんてことは、どこの国であろうがすべきでない。

●呼吸器を付けられて2週間経ったときの請求書を想像してみろよ……アメリカは壊れてる。

●なぜアメリカ人はそれに我慢しているの?

↑アメリカは金持ちをもっと金持ちにするのが優先だからだよ。金持ちは下層半分の貧困者たちに、それを説得できているんだ。驚きだよ。

↑社会主義を嫌うので、全員がいつか金持ちになる、と思っているんだよ。ワイルドだよ。

●緊急室に入ったから高くなったと、この金額を擁護するコメントを見て頭がクラクラする。

↑よその国のプライベートな医療でも、ここまでの膨大な額は出してこない。アメリカ独自のめちゃくちゃだ。

●アメリカン・ライフハック:分割払いにするんだ。残高はクレジットに影響しない。給与に関係なく支払いは1か月5ドルくらいにする。1年くらい経つと彼らは残高をないものだと扱うる。支払いを増加してくれないことに気づくからである。


今は無償で検査を受けられるそうですが、仮に陽性と判定されても病院のお世話になるかは迷ってしまいますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(8)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。