2020年05月06日 22:16

「140枚と15時間かけて、ゲームコントローラーの中身を撮影した…」感慨深い写真

 

ゲームコントローラーの構造00
ゲームコントローラーの外観は比較的シンプルで丈夫にできていますが、中身はとても複雑です。

分解したパーツがひと目で把握できる写真をご覧ください。

140 Photos and 15 Hours

何と細かい!

これはXBoxのコントローラですが、この画像1枚のために約140枚撮影し、15時間くらいの手間をかけたのだとか。

こちらはPS4のコントローラー。

Switchは本体ごと。

どれもCGに見えますが、現物を分解するだけでも気が遠くなりそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●わお、これがCGじゃないと今気づいた。

●空中に部品を投げて撮影したのかい?

↑それで140枚の写真の説明がいく。試行錯誤しまくりだな。

●3Dモデラーだけど、3Dモデルを作成したほうが簡単だと思った。だけど15時間よりずっと長くかかると気づいた。ここまで精細に原物そっくりに作るのは大変だ。
いい仕事だ!
ただ3Dモデルなら、CMで使うような吹き飛ぶアニメーションも作れるという側面がある。
↑これの作りかたをやってくれないかな。

(投稿者)そうだね。これはこのアングルで固定されているので、フレキシビリティは少ない。インスタグラムには、いくつかの製作過程が投稿されている。
Richard Parry@Instagram

↑この画像は本物だと知るとずっとクールだね。

●ボタンは本当にそんなに長くて高いの?

↑その通り。なぜ電源が入らないのかと分解してみたところなので確認できた。

●このコントローラにはすごくたくさんの思い出がある。

●感謝する。


コントローラーに思い出が詰まってる人ほど、感激していました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。