2020年05月21日 00:14

まるで親子…ケガした子鹿を親のように世話をする犬

 

子鹿を世話する犬00
アメリカ・オハイオ州の牧場で暮らすジャーマンシェパードは、オス犬でありながらベビーシッター向きの性格をしているそうです。

たとえ面倒をみる相手が、バンビのような子鹿であっても……。

Kind-Hearted Dog Surprises Owner

子鹿を世話する犬01
牧場主のシェリルさんはある日ケガをした子鹿を救出し、牧場で育てることにしました。

するとジャーマンシェパードのサージが子鹿のそばに寄り添い、自ら面倒を見るようになったのだとか。

子鹿を世話する犬02
甲斐甲斐しく世話をするサージ。

子鹿を世話する犬03
子鹿もサージを親のように慕うようになり、くっついて歩くようになりました。

子鹿を世話する犬04
サージが牧場にやってきたのは9年前。独りぼっちの子犬で、シェリルさんの子供たちを追いかけるのが大好きだったそうです。

子鹿を世話する犬05
シェリルさんによれば、サージが子鹿の世話をするのは今回が初めてではなく、ベビーシッターに向いた性格なのだと語っています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。