2020年06月02日 11:47

「アメリカのデモが暴力的になってるけど、カナダでは…」一味違うやり方

 

ドーナツで抗議00
アメリカ・ミネアポリスで黒人が警官に殺害されたことが発端のデモ・暴動は、ヨーロッパまで飛び火しています。

放火や略奪までエスカレートしている中で、カナダ流の抗議のしかたが注目を集めていました。

Blursed Protest

ドーナツで抗議01
ド、ドーナツ釣り……。

ドーナツで抗議02
以前のデモだそうですが、カナダではこの手法はときどき見られるようです。

自分たちの主張に注目を集めたいのであれば、ドーナツで釣っても目的は達せられるということなのかもしれません。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●自分が警官なら1個つかんで食べ、そしてありがとうと言う。

↑そうしたら、彼らは食べものを盗まれたと言うんだよ。

↑それでどうするんだい、警察を呼ぶのか?

↑取ろうとしたら、彼らはスッと引くんだよ。

↑「おっと、もうちょっとだったね。次回はもっと速く手を出さないとね」

●あっちを向いている警官が気に入った。誘惑に負けないようにしているんだ。

↑「やめろボブ! ダメだ。気をしっかり持つんだ。お前ならできる、できるんだ」

↑「でもこれにはハチミツが塗られてるんだ、オレのお気に入りなんだ」

●自分はこんなのをリアルで見たら、正直に死んでしまうと思う。

●これはカナダ。正確にいうとトロント。
ちょうど写真の撮られた通りの向かいに住んでいるよ。典型的なカナダの抗議だね。ただし、ドーナツ釣りにアイスホッケーのスティックを使ってないことが残念だ。

●彼らは何を抗議しているの?

↑これも黒人の権利の抗議だよ。

●それは最も面白い抗議のしかただ。

●警官たちはドーナツを取ろうとしたのかい?

↑腕を組んでるやつは悩んでいると思うよ。

●自分なら取るよ。ドーナツはイケてる……長いスティックでもいい。どちらでもいい。

●盲腸の手術をしたばかりなのに、笑って激痛になったじゃないか。


穏やかな国民性で知られるカナダですが、それは抗議活動にも表れているようです。見境なく暴走してしまうよりは、こちらのほうがありがたいですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。