2020年06月25日 21:11

「スウェーデンのアパートに描かれた落書きは…アートと呼びたい」

 

スウェーデンのアパートのグラフィティ00
こちらはスウェーデンのサーラという町にある集合アパート。

レンガ以外は特徴のないありふれた建物ですが、グラフィティを施したことで誰もが目を見張るような外観になったそうです。

生まれ変わった姿をご覧ください。

This insane Graffiti.

スウェーデンのアパートのグラフィティ01
あふれる躍動感!

フラットな壁に奥行きが生まれ、元々あるベランダや窓のデザインとも調和していて、どこまでが実物で、どこからが描かれたものかわからなくなっています。

Googleストリートビューはこちら。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●もうそれは壁画とみなしてもいいのではないか?

↑かかる時間を考えると、落書きと表現するのは違うと思う。

↑それだよ。グラフィティは器物損壊だが、これは委託されたのだと思う。

↑この壁画のストーリーは何?

●これはグラフィティ(落書き)でない。もう公共のアートだよ。

↑それって、何が違うの?

↑グラフィティは公共のアートじゃないのか。


●建物の価格が10%上昇。

↑公共のアパートだよ。

●これはスウェーデン。誰かどこか知らない?

↑これはサーラ"Sala"という町で、「ワイルド・ドローイング」というペンネームのアーティスト。

↑同じアーティストにより3つ描かれた壁画のひとつだよ。

●サーラには他のグラフィティもある。
スウェーデンのアパートのグラフィティ02

●建物の見栄えがたいそう良くなった。

↑ただし天気の良い日じゃないと絵と合わないね。

↑もう一方から見たらどうなるの?

↑ほら、違う角度だ。
スウェーデンのアパートのグラフィティ03
(※アパートの前の地面)

住人もきっと満足していることでしょうね。

動画はこちら。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。