2020年06月26日 12:27

パキスタン航空大臣が衝撃の発表「わが国のパイロットの3人に1人は偽のライセンスだった」

 

パキスタンのパイロットの3人に1人はフェイクライセンス
5月にパキスタンで旅客機が墜落し98人が死亡する事故が起き、その調査過程で衝撃的な事実が発覚しました。

なんとパキスタンのパイロットの30%以上が偽のライセンス所持者だったのです。

Almost 1 in 3 pilots in Pakistan have fake licenses, aviation minister CNN

パキスタンの航空大臣は、パキスタンの民間パイロット資格者のうち262人が試験を受けておらず、飛行経験もないと語っています。

パキスタンでは現在860人がパイロット登録されていますが、実に3分の1が偽ライセンスだったことが明るみに出て、同国の航空業界に衝撃を与えています。

恐ろしいことに、偽のライセンスで国際線を操縦しているケースも発覚しました。

5月に起きたカラチの墜落事故の調査過程から、今回の件が発覚しました。
パキスタン国際航空8303便墜落事故 - Wikipedia

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●(カラチの墜落事故)
「パイロットは3度に渡り、管制塔から高度が高いので着陸すべきではないと警告されていましたが、機長はその指示を気にも止めなかったようです」
「機長は着陸のための位置を取らぬまま、着陸体制に入り……」
「機体は滑走路にエンジンから着陸し、エンジンが滑走路を接触したことで火花を散らし、回復不能の破損が起き、その後に機長は機体を持ち上げようとしましたが、エンジンの損壊が激しく墜落にいたった……」
いったいどういうことなんだ。

↑いったいどんなバカが飛行経験なしで、フェイクのパイロットライセンスを得ようとするんだよ。

●>262人が試験を受けずに、お金を払って代わりの人に試験を受けさせていた。
これを知っていて、なぜ彼らが飛行することが許されているんだ? あるいは許されていないのか? もう混乱しているよ。

↑記事にはフェイクライセンスを持つものは剥奪したとあったよ。

●もしソースが、試験管や受験者による内部告発なら、この数は予測であり、誰も正確に把握できていないかもしれないな。

●このあいだの墜落事故から明るみに出て、すでに150人が飛行停止処分にされているよ。さらに調査も続いている。

●アジアでは代理受験が、さまざまな試験で行われている。とても一般的だから大きな試験では身分証明書を持っていかなければいけないんだ。

●何百人も乗せて飛行機を時速何百kmで操縦することは、はったりで上達するタイプのものではない。どんなに異常で、不道徳なら、そんな事ができるんだ。良心のかけらが全くない。

↑パキスタンは核保持国である。いったいどれくらいの核の物理学エンジニアがフェイクの認証を受けているんだ?

↑パキスタンに飛んだことがあるけど不安になった。

↑少数意見を唱えると、おそらく彼らは受講などはしていると思う。ただ試験に落ちるリスクを犯したくなかったのだろうな。
「みんながそれをやっている」のが理由。もちろん無責任だがそれを正当化している人がいるのも想像できる。

●自分も「ちょっとパイロット」。

↑自分も「何かしらのパイロット」。

↑自分は「人生を毎週墜落させている」。

●いったいどうやったらそういうことになるんだ。

↑政府という観点では、パキスタン、イラン、サウジアラビア、は驚くほど腐敗していて世界的に無効となっている。人々はすばらしいけど、政府がひどい。

↑腐敗。昔、インドのITチームと働いていたが、無資格がもっとも頭痛の種だった。

●300人くらいが実際に免許を持っていないとは……。わお、墜落が1件で済んだのがすごい。


今までパキスタンの飛行機を利用していた人が、震え上がっている状態のようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(7)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。