2020年07月17日 00:10

「アメリカの自粛中 vs ヨーロッパの自粛中、わかりやすく比較してみた…」海外の反応

 

アメリカの自粛中vsヨーロッパの自粛中00
日本の新型コロナ感染者数も予断を許さない状況が続いていますが、欧米の感染者数は文字通り桁が違っています。

とは言え、ヨーロッパとアメリカでも大きな差があるようで、自粛について比較した写真が海外掲示板で注目を集めていました。

Simple comparison

アメリカの自粛中vsヨーロッパの自粛中01

つまりアメリカは自粛していない……。

自粛に対するデモや、マスクに対するデモなど、ありとあらゆる抗議が盛大に行われていて、感染が拡大していく一方となっています。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「死ぬ権利を守れ」ということは、彼らが医学を支持しないわけではなく、わざとバカでいたいということなんだな。

↑もはやアメリカ人は「もうバカになって、死ぬことは憲法が保証する権利なんだ、それを行使しなければ呪われるんだ」という感じなのか。

●「私のウィルス、私の選択」
それを選択するのは構わない。ただ彼(あるいは彼女)が家にいるか、誰も周りにいないところへ行くならね。

●真面目に、その画像が本物の抗議なのか、風刺なのか、フォトショップのフェイクなのかさえわからない。

●「科学への資金援助をやめろ」
自然淘汰が仕事してくれることを希望する。

●この抗議内容がフォトショップでありますように。

●これがアメリカ人全員を定義しないことを知ってくれ。

↑それをわかっているよ(笑)
オーストラリア人だが、アメリカの友人やいとこが彼らの行為を心配している。

●イタリアとかイギリスも同じようにひどいのではないの?

↑そうだよ。数ヶ月前はね。だいぶマシにはなってきている。

●暴動を起こしていた人々は?
アンチマスクの人々と同じくらい蔓延させていると思うのだが。

●ひひひ、アメリカ、資本主義、「フリーダム」、壁、チャンスを与える国。


アメリカの混乱ぶりは、しばらく収まりそうにないようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。