2020年07月21日 12:48

「妻にプレゼントした香水が失敗だったと気づくとき…」ちょっぴり悲しい使われ方

 

妻にプレゼントした香水00
プレゼントは難しいもので、相手が必ずしも喜んでくれるとは限りません。

ある男性が妻に香水をプレゼントしたのですが、残念ながらお気に入りにはならなかったようです。

そのことに気が付いたのは、トイレに入ったときでした。

When the perfume you bought your wife for Christmas ends up in the toilet as “air freshener”

妻にプレゼントした香水01
あっ……。

トイレ掃除の洗剤といっしょに置いてある……。

本当に苦手なにおいなら芳香剤としても使われないでしょうし、これでトイレの香りが良くなりそうですが、香水としての地位は格下げになった感があります。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●あちゃあああ。うちの妻はその香水を気に入ってくれたよ。

↑おまえの奥さんは、この男のトイレのにおいってことか。

↑うちの妻もAjax(洗剤)を使ってる。

↑正直に言うけど、私はこの香水が最もお気に入りよ。

↑オレの彼女のお気に入りでもある。それにかなり高いよ。

●もしかしたら彼女は"eau de toilette"(オードトワレ)の意味を勘違いしたのかもしれない。
(※香りが薄めの香水(フレグランス)のことで、直訳は「トイレの水」という意味だが、この「トイレ」は「身づくろい」を意味する)

↑コロンや香水をフランス語で「トイレの水」と訳すことがすごいと思う。

●次はAjaxを買わないように。

(投稿者)わかってるよ。でもそれは特価だったんだ。

↑ブランド間違えたんじゃない? ジフにすべき?

●同じのを持っているけど、私のお気に入り。

●その掃除用品は、そのトイレの上にいつも置かれているの?

(投稿者)そうだけど、一般的ではないの?

●女性は好きな香水のにおいが決まっていて、好きでないものもある。
今後は買う前に彼女の好きな香水を調べるといい。もし彼女が気に入ったら、それは彼女がとても良い匂いになるということ。

●そのデイジーの香水は大好き。彼女は友人か誰かに上げても良かったと思う。その香水は高いからね。

●おーまいがっ。Mark Jacobsの香水は私のお気に入り。そのトイレはアップグレードされたね。


人気の香水のようですが、好みの問題があるので下調べは必須ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。