2020年08月01日 13:49

「ペットがしてくれた最も優しい行動は何ですか?」ほっこりエピソードいろいろ

 

ペットがしてくれた最も優しいこと
ペットは存在してくれるだけで癒しですが、ときには愛情や優しさを示してくれることもあります。

「ペットがしてくれた、もっとも優しい行動はどんなことですか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

What is the kindest thing a pet has done for you?

●家族でお金の話になって、怒鳴り合いになったことがある。
ヒートアップしていたら犬がやってきて吠えた。犬を見つめていると庭で掘り起こしたじゃがいもを目の前に落とした。それを鼻で突いて、まるで「僕らはもう大丈夫だよね」と言わんばかりだった。全員で笑い出し、みんなが落ち着いた。

↑「お金の問題は忘れてよ、これは僕が庭で見つけたじゃがいもだぞ」

●うちの猫が、ほぼ死にかけたネズミを持ってきた。とてつもなく気持ちが悪かったけど、専門的には朝食をベッドに運んできてくれた行動であり、彼女の優しい思いやりだった。

●高校生のころ、毎晩のように泣きながら寝ていた。すると愛犬が寝床にやってきてあごを私の背中に乗せた。朝起きるとしっぽを振りながら顔をなめ始めた、その後で悲しくなるのは難しかった。

●犬に起こされた。彼はトイレをするところを僕に見てほしがるんだ。

●うちの犬は吠えるタイミングを知っている。
一緒に散歩しているときに(大都市に住んでいる)、不審な男性が近づいて話しかけてくると吠え出す。なので男性は私に近づくことは出来ず、言葉を交わすことも、聞くこともできない。もう立ち去る以外の選択しかない。
彼女は私の不安を察知しているとしか思えない。そのときはまるで気が狂ったようになる。怒っているようで、口から泡をふくかのようで、大きな吠え声で。
散歩を再開すると、もったいぶって誇りいっぱいに歩く。
(ちなみに良い子で、人を噛んだことはない)

●悲しんでいると、犬のおもちゃを持ってきてくれて、オレが頭を上げるまでずっと突付いていた。そしてヒザにやってきてそこで座った。50ポンド(約23kg)のボクサー犬に188cmの男。

●とても悲しいので求められているものと違うかもしれない。
小学校のときに飼っていたハムスターが大好きで、賢くてべたべたしてくるのも好きだった。
寿命を迎えそうになった頃、登校前に「お別れをしておきなさい」と母親に言われた。学校から帰宅するまでに持たないだろうからと。
私は泣きながら、大好きだってこと、本当に良い友だったことを伝え、学校から帰ってくるまでなんとか待っててほしいと頼んだ。そうしたら独りぼっちじゃないからと。
学校ではハムスターをそばでみとりたいと祈っていた。
帰宅したらハムスターはまだがんばっていた。母親は1日中ハムスターが独りにならないように持っていてくれて、私がハムスターを手にしたときに「ありがとう」とお礼を言えて、家族ともお別れができた。
そして私の手の中で亡くなった。とても悲しかったけれど、私が戻ってくるまでがんばってくれたことに感謝している。ホリー、恋しいよ。

●幼児のときに自宅が火事になった。シングルマザーの母親は寝ていて、火災報知器は鳴らなかった。すると犬が私達を起こしてくれて(私は覚えていないけれど)、おそらく命を救ってくれた。

●親友が早朝6時過ぎに電話してきて、出勤前に胸に痛みを覚えて右半分がしびれていると言う。ベッドから飛び出して彼を病院へ連れていき、8時間後にようやく無事な状況になった。
帰宅した頃には心身ともに完全にぐったりとしてしまい、床に座り込んで泣いた。
すると猫がやってきてヒザの上に座ってきて、ゴロゴロとのどを鳴らした。

●うちの猫は、私の死にたい気持ちと「うつ」を取り除いてくれた。


ちょっと変わったエピソードも含まれていますが、ときどきペットが見せる優しさには癒されますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。