2020年08月05日 12:36

「アリゲーターとクロコダイルの違い、これを見れば一生忘れないよね?」ブラックユーモアの利いたワニの区別

 

クロコダイルとアリゲーターの見極め方00
日本語ではワニと総称で呼ばれていますが、英語ではアリゲーター "alligator"とクロダイル"crocodile"は明確に呼び分けられています。

ワニになじみが少ない人にとって、2種の見分けは難しいことでしょう。

ブラックユーモアの利いた、アリゲーターとクロコダイルの違いがわかる図をご覧ください。

You learn something new every day.

クロコダイルとアリゲーターの見極め方01
違いは口の形だそうです。

赤ちゃんを食べるときに、アリゲーターは英語の頭文字と同じくのAの形をしており、クロコダイルもCの形をしているというもの。

本当に食べられると困るのですが、イメージが強烈で記憶には残ります。

クロコダイルとアリゲーターの見極め方02
実際に写真で確認してみると、たしかにアリゲーターは口がAの形。

クロコダイルとアリゲーターの見極め方03
クロコダイルはゆるやかだけどCの形。

他に、アリゲーターの口先は丸く、クロコダイルはとがっている特徴もあるとのこと。

その他に生息地、性格、体色などの違いもありますが、がぶっと噛んだときの形が、英語のつづりの最初のアルファベットであるという、忘れにくい覚え方ですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●アハハ……、実際はもうちょっと複雑だけどね。
クロコダイルは白昼堂々と玄関先かテラスから子供をさらうけど、アリゲーターは比較的シャイ(温厚)で、東ヨーロッパ特殊部隊の軍隊にも採用されている。

●自分なら赤ちゃんをEの口の形で食べる。

●フロリダに住んでいるが、アリゲーターはずっと大人しい。

●は虫類2頭もいたらたくさん稼げるな。良質のアリゲーターからは何千ドルものベルトが作れる。それでもディック・チェイニーがイラク戦争で稼いだ金にはかなわないが。
(※映画「バイス」で、イラク戦争を強硬に主導した腹黒い副大統領として描かれている)

●まるでクロコダイルのほうがアリゲーターより上位のようだね。

●その画像の赤ちゃんが笑顔なのが気に入った。

●ユーモアのある図だ。

●いったいこれをわかるために、何人に赤ちゃんが犠牲になったんだ。

●クロコダイルはずっと凶暴だよ。たまにアリゲーターがレスリングしていると聞くが、クロコダイルがレスリングしているとは聞かない。


別の区別法としては、口を閉じたときの下の歯が見える、見えないというものがあります。

クロコダイルとアリゲーターの見極め方05
アリゲーターは下の歯が見えない。

クロコダイルとアリゲーターの見極め方06
クロコダイルは下の歯が見える。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。