2020年09月21日 14:12

「暗い夜道を歩いてたら女性に声をかけられて、つい魔が差した…」というお話

 

暗がりから女性に声をかけられた
ある晩、自宅に向かって男が歩いていました。

すると暗がりに女の影が見え、「20ドルでどうかしら?」と艶っぽい声をかけられたのです。

A man’s walking home late at night when he sees a woman in the shadows.

男は今まで、そうした体験をしたことは一度もありませんでした。

ですが、まぁいいやと思い、20ドル払うことにしたのです。

1分ほど女とイチャついていると、急に懐中電灯が照らされました。

なんと警官だったのです。
「いったい何ごとかね?」

男は腹を立てたように言いました。
「妻と愛し合っているところですが、なにか?」

「そいつはすまなかった、知らなかったよ」と警官は答えました。

「ええ、私もですよ……。あなたが彼女の顔を照らし出すまではね」


教訓:どんな状況でも相手の顔は確認しておくべき。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。