2020年09月22日 00:18

「父が初めて学校に通う日と50年後の今…」月日を感じる比較写真

 

父の50年前と今の写真00
50年前と聞いて、どんな時代を想像しますか?

海外のお父さんの50年前と今を比較した写真が、海外掲示板で人気を集めていました。

My dads first day at school in the 70s, and now 50 years later

父の50年前と今の写真01
上が1970年に撮影した、小学生時代のお父さんとおばあちゃんの写真。

そして下が現在のふたり。

そう、今や50年前と言っても、すでにカラー写真なのです。

現在と昔を比較した写真は多いですが、50年の月日は重みを感じますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●いい感じの新しいドアに変わったね。それにエアコンがついて嬉しいよ。

↑そのレンガの壁は永遠だな。

↑エアコンの室外機はウサギ小屋かと思ったよ。

↑彼女は20レンガ分の身長だった。でも今は19レンガ分だ。

●お母さんが愛情を込めて息子を見下ろしている。息子が愛情を込めて母親を見下ろしている。貴重だ。

↑ほら、いつかは彼も卒業するからね。

↑初めての登校日が50年も続くと卒業は無理だけどね。

●私の最初の子も70年代に学校に行き始めた。私たち母親はみんなジーンズにTシャツだったけど、この女性はきちんとした服を着てこの日を特別なものにしている。
今は孫がいるけど未だにジーンズにTシャツだよ。私は成熟していない。

↑でも存在している。それはもっと重要なこと。

●なぜ1970年が50年前だということを認めるのが、こんなに困難なのだろう。

↑そうだよ。最長でも30年前くらいに感じる。

●それは同じネックレスに違いない。

↑そうだね。長く感じるのは彼女の背が低くなったから。

●こういう写真が好きだ。

●男性は歳のわりには年配に見える。


世代によって、70年代が50年前ということにショックを受けていました。

50年後の世界はどうなっているのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。