2020年09月23日 12:59

「うちのシャワーは、快適な温度になる範囲はここだけ…」外国のお湯事情

 

快適なお湯が出る範囲はここだけ00
今どきの日本の給湯システムは、デジタル式であろうとアナログ式であろうと、だいたい希望通りの温度に調節可能です。

しかし海外では古いシステムのところが多く、シャワーの温度調節はダイヤルをピンポイントで定めないと、熱すぎたり冷たすぎたりしがちです。

そんなときの気持ちを表した画像が、海外掲示板で人気を集めていました。

I made this as my shower has a 0.25 degree zone of comfort.

快適なお湯が出る範囲はここだけ01
シャワー温度の調整ハンドル
赤:タングステンが溶けるほど熱い
緑:ちょうどいい
青:絶対零度

ちょうどいい温度の範囲、せますぎ!
投稿者は0.25度しか快適なゾーンがないと嘆いていました。

快適なお湯が出る範囲はここだけ02
金庫破りさながらの、精密な調整を求められるとのことです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これを風呂で考えたよね?

(投稿者)そのとおり。うちのひどいシャワーを浴びたときに。

●妻は「タングステンが溶けるほど熱い」の上のレベルで手を洗ったり、シャワーしたりする。

(投稿者)うちの妻も同じ。もしシャワーの下で卵を持っていたら、ゆで卵になるほどだ。

●オランダにいたときはシャワーを好きな温度にマニュアル設定できた。天国だった。

(投稿者)それは夢見ることしかできない未来だ!

●わざわざ0.25度を測ったの?

(投稿者)その通り。

●自分は最高温度に設定する。

(投稿者)それは人間じゃない。

●そのシャワーをひどいと思っているなら、まだ甘い? うちのシャワーなんて快適ゾーンが動くんだ。

(投稿者)おーまいがっ。お察しします。

●うちのキッチン・シンクもそう。沸騰しているかのように熱くなる。

●タングステンが溶ける融点は何度だろう
Googleによると3410度だった。

●ウォッチ職人として言うが、ひどいシャワーが自分の手先の器用さを発達させた。


確かに海外のホテルなどでは、お湯の調節が難しいところがありますね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。