2020年10月07日 00:18

"愛する彼女を亡くしたカワウソのために「出会い系サイト」を立ち上げたところ…新パートナー見つかる

 

愛妻を失くしたカワウソのために出会い系サイトを立ち上げる…00
イギリスの保護施設で、4年に渡ってカップル生活を営んでいたコツメカワウソのうち、メスのアプリコット(16歳)が亡くなりました。

残されたオスのハリス(10歳)がさみしそうにしていたことから、彼のために出会い系サイトを立ち上げたそうです。

その甲斐あって、新たなパートナー候補が見つかりました。

愛妻を失くしたカワウソのために出会い系サイトを立ち上げる…01
2匹は溺愛と呼べるほど親密だったことから、独り身になったハリスを案じたコーンウェル保護施設のスタッフは、彼のために新しいパートナーを募集することにしました。

愛妻を失くしたカワウソのために出会い系サイトを立ち上げる…02
こちらがハリスのために立ち上げた「出会い系サイト」。

愛妻を失くしたカワウソのために出会い系サイトを立ち上げる…03
するとスカボローの保護施設に、パートナーを亡くしたばかりのメスがいると連絡が来たのです。

彼女の名前はパンプキン。

専門家によると、カワウソのペアリングが成功する可能性が高いのは、メスのテリトリーにオスが歩み寄ること。

そのため今後は定期的にハリスをパンプキンの元へ連れて行き、2匹の相性を確かめて行く予定だそうです。

スタッフは「ハリスが去るとしたら悲しいけれど、新しいペアが上手くいくことを願っている」と語っています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。