2020年10月10日 15:46

「この石の彫刻、どうやって作ったのか気になる…」硬いのに柔らかそうに見える作品

 

この石の彫刻はどうやって作ったのだろう00
石や岩は固いものですが、まるで柔らいように表現した彫刻が注目を集めていました。

材質が石とは思えないその彫刻アートをご覧ください。

Stone Sculptures Created by Jose Manuel Lopez Castro

この石の彫刻はどうやって作ったのだろう01
石がめくれていたり、シワが寄っていたり、垂れていたり……。

粘土や飴細工のように柔らかそうに見えますが、素材は硬い石なのだとか。

スペイン人アーティストのホセ・マニュエル・カストロ・ロペス氏の作品で、こうしたストーン彫刻を数多く作っているとのことです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●いったいどうやって作るんだろう?

↑それを見つけたくてコメントを見に来た。そして見つけてくれた人がいた。
「アーティストのホセ・マニュエル・カストロ・ロペス氏は大小の石を使い、表面をまるで柔らかな布地のようにシワを寄せる。
彫刻は普通の石英か花崗岩で、細かくすり砕いて、最初からそこにあったような変わったシワの形を作る。

●ホセ・マニュエル・カストロ・ロペス
これほどスペイン人っぽい名前はないと思うほど。

↑ガルシアが足りない。

↑カストロがもっともガリシア人の一般的な姓名のひとつだね。このアーティストうちの都市出身だ。
ア・コルーニャ - Wikipedia

↑同意。ちなみに僕の名前はこれと95%くらい一緒で、スペイン人だよ。

↑それは英語では、ジョン・ロバート・ウィリアム・スミスに当たるのか。

●それらの石はとてもクールだと思う。だが右下のはとても不快そう。

↑その石は、いけないことをしている気持になる。

↑職場閲覧禁止のラベルを付けておいたほうがいいかも……。

↑石のように固い。

●今から1万年後の地質学者が気の毒だな。

↑「宇宙人!」

●1枚目は「ヘブンズ・ドアー」だな。
(※「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するスタンド)

●ぎゅっとにぎってみたい。

●クールだと思うけど、宇宙のルールを曲げている気がして見ているのがつらい。


常識や先入観を壊すのもアートの醍醐味のひとつですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。