2020年10月14日 00:24

15年前にポンペイ遺跡から出土品を盗んだカナダ女性、「呪い」から解放されたいと謝罪、返還する

 

ポンペイ遺跡から盗んだ出土品00
ポンペイはイタリア・ナポリ近郊にある、2千年近く前の火山噴火によって一夜にして滅びた古代都市。

その遺跡から15年前に出土品を盗み出したというカナダの女性が、「呪われてしまった」ことを理由に返却しました。

ポンペイ遺跡から盗んだ出土品01
こちらが、ニコールさんというカナダ女性が15年前に違法に持ち帰った出土品。

内訳は、つぼの欠片2点、壁の欠片1点、白いモザイクのタイル2点。手紙を添付してポンペイ当局に郵送したとのこと。

ポンペイ遺跡から盗んだ出土品04
「若く愚かだった私は、持ち帰ってはいけない歴史の欠片を欲しくなってしまった」と反省する内容で、2度の乳がん発覚と乳腺切除手術を受けることになり、家族も経済的に苦労したとのこと。

家族がこの先もポンペイの呪いを受け継いでいくのは耐え難く、魔が差した自身の過ちを許してほしいと述べてあったそうです。

ポンペイは西暦79年のヴェスヴィオ火山の噴火によって、市民ごと埋もれた悲劇の都市。(ポンペイ - Wikipedia

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。