2020年11月29日 13:41

「依頼主が『もっと安く出来ないの?』と言ってくるときは…こんな気持ちになる」

 

クライアントの無茶な要求00
依頼主(クライアント)から「もっと安くできないの?」と言われ、頭を抱えた経験のある人は多いことでしょう。

「安かろう悪かろう」という言葉があるように、コストを削減し過ぎたならクオリティにしわ寄せがやって来ます。

無茶な要求をされた側の気持ちを表した写真をご覧ください。

The client always knows best

クライアントの無茶な要求01

激安に値切られて左を期待されても、実際にできるのは右だよと言いたくなる気持ち。

いいものが欲しければ、コスト削減ばかり要求するのはやめましょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●まあまあ近い。

●これは美しい。もう自分は5時間くらい見続けている。

↑投稿されたのは5分前だけどね。

●「自分の声がどう聞こえると思っているか」vs「録音した自分の声」

●同じ写真だろう。

●驚くほどに正確。

●そもそも何を期待したんだ?

●どっちが正しくできたほうかわからない。

●右のほうがいいよ、馬を入れるか入れないか自由だ。左は取り外し不可。

●「ボス、ちゃんと仕事はしました」

●全く同じ馬のおもちゃを持っている。

●ウソではない。

●実際に安く済む。


むやみに安くした場合の極端な例ですが、値段に応じたクオリティのカタログが欲しいところですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。