2020年12月25日 12:22

「頭痛がしたのでアスピリンを飲んだつもりが、間違ってた…」1時間後に現れた全く別の効果

 

アスピリンを飲んだつもりが間違えた
疲れているときは、脳の処理能力ががたっと落ちます。

海外の人物が、夜遅くに疲弊した状態でアスピリン(鎮静剤・頭痛薬)を飲んだところ、1時間後に明らかに違う効果が現れて、間違ったものを飲んでいたことに気付いたそうです。

いったい何を飲んでしまったのでしょうか。

I realized an hour later that what I took was not aspirin. from r/Wellthatsucks

わわっ、雰囲気がいかにもそっくり。

左が頭痛薬のアスピリン、右はと言うと……。

なんと便秘を緩和してくれる下剤

どちらも白い容器、黄色いラベル、青い文字。さらに錠剤がどちらもオレンジの円盤型。

疲れているときなら簡単に間違えそうですね。

頭痛は治らないものの、腸内はすっきりするかもですが……。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●スムーズなお通じ……。

↑ええと……クソッ。

●同情する。自分は誤って入浴剤でうがいをしたことがある。ひどいことになった。

↑同じような結果?
(石けんも下剤になりえるので。だが石けんをその目的で使ってはいけない)

↑自分はシェービングクリームで歯を磨いたことが一度ではない。

●疲れていて、ついでに下痢でとどめ。

↑しかも頭痛は消えない。

●少なくとも腸はすっきりだ。頭痛はどう?

(投稿者)アスピリンも飲み直したので良くなったよ。

●だからみんな、薬のラベルは3回チェックしなくちゃいけないのよ。
ソース:自分は看護師で、錠剤のボトルは全く中身が違うのにラベルが似ている。

●それで下剤の効果はあったの?

(投稿者)効果はめちゃくちゃある。

●下剤のほうの服用量は?

↑見たところ2錠のようだ。

●薬のエラーは人生を台無しにしたり人を殺したりする。

●それで突然ブラジル人のF1ドライバーになったのかい?
(※アイルトン・セナと下剤の"Senna"は、つづりが同じ)

●きっとその後、もっと疲れたにちがいない。


命に関わることなので、どんなに疲れていても薬を服用する際には注意しましょう。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(7)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。