2021年02月04日 23:58

アフリカで世界最小のカメレオンが発見される…爬虫類としても世界最小

 

世界最小のカメレオン
アフリカ東部のマダガスカル島で、世界最小のカメレオンが発見されました。

は虫類としても世界最小で、オスの体長は約2cm、メスは約2.9cmだそうです。

新種のカメレオンはナナ・ヒメカメレオンまたはナノ・カメレオンと命名され、存在を知られたのは2012年。

多くのは虫類はオスのほうが大きいのに対し、ナノ・カメレオンはメスのほうが大きいのは、卵を抱くためだと考えられています。

ただしオスは体は小さいものの、交尾の都合から生殖器は他のカメレオンの比率より大きいとのことです。

生息するソラタ地区は森林伐採が深刻化しており、ナノ・カメレオンを始めとした野生生物を保護するため、マダガスカル当局は保護区を設置しています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。