2021年02月15日 12:49

男女3人がバハマの無人島で33日間サバイバル、救助隊が驚くほど元気だった理由は…ココナッツ

 

ココナッツで1か月生き延びる00
カリブ海のバハマの無人島に漂着した男女3人が、33日間のサバイバル生活を強いられたのですが、救助したアメリカ沿岸警備隊が驚くほど元気だったとのこと。

その主な理由はココナッツでした。

男性2人と女性1人が漂着したのは、バハマ諸島のうちのアンギラケイ島。アメリカ沿岸警備隊が航空パトロール中に、旗を振る3人を発見しました。

5週間ほど前に海が荒れて3人が乗っていたボートが転覆し、この島まで泳いでたどり着いたとのこと。

救助活動にあたった警備隊は、低木くらいしかない無人島を33日間もサバイバルしただけでなく、3人が非常に元気だったことに驚愕したそうです。

3人は、主にココナッツで栄養を取り、その他はネズミや巻貝を食べたと語っています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。