2021年02月16日 12:31

「36色のビーズが整理された箱を、5歳児が逆さに開けてしまったのがこちらになります…」海外ママの嘆き

 

5歳児がビーズの箱を逆に開けてしまった
ビーズ遊びは昔から根強い人気がありますが、36色のきれいにアソートされたビーズ箱を5歳児が開けたところ、大きな失敗をしてしまったと海外のお母さんが嘆いていました。

逆さまに開けてしまったのです。

5yo opened the perler beads upside down. from r/Wellthatsucks

あちゃあ……。

フタのほうを下にして開けてしまったようです。

きちんと区分けされた容器に色別に入っていたのに、これをどうやって戻せばいいのか……。

元に戻すのにどれくらい時間がかるのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●本当は自分で開けたんだろう?

(投稿者)笑、私はマゾじゃないわ。

↑でも、子供を持ってるじゃない。

(投稿者)たしかに2人いる、前言は撤回するかも……。

●5歳児がイタズラを学ぶ時が来た。

↑新しい5歳児に入れ替えるときが来た。

↑もし5歳児が失敗をしたら、孤児院へ!

↑またかい……。

↑バットマンになれるチャンスが来ると思うんだ。

●自分はこういう状況からそろえるのを楽しむ変人。

●なんてこった! でも見た感じはかっこいい。

(投稿者)全くそう! 夫が最初に見つけ、自分は別の部屋からメガネなしに見て、ひっくり返った状態だとは思っても見なかった。

●もしかしたらティースプーンが助けになるかも。わからないけど。

●そうだね。それを戻すのは長い時間がかかる。

●整理するピンセットがあってよかったね。

●全く同じ経験がある。子供にやられて何時間も色分けをしていた。妙にカタルシス(抑制された感情が一気に開放され心がすっきりとすること)を楽しんだ。

↑自分はそれを1〜2時間するのを楽しめると思う。瞑想みたいなもの。

●これは学習チャンス。子供らは色や仕分けを学べる。子供の色覚テストにもなる。
それで終わったら、フタ側にステッカーか何かを貼っておくといい。そうすれば子供もどちらが上かわかる。

●そのまま閉めて、また正しい方向へ向ける。少なくとも80%くらいは大体の正しい場所へ戻る。

↑それが正しい方法。

↑捨てるんだ、そして新しいのを買うんだ。最も簡単な方法。


意外にも、この仕分けを楽しむという人が結構いました。何も考えずに没頭できる作業を好む人は少なくないようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。