2021年04月12日 12:14

「夢をかなえてピクサーに就職した…10年前と今」100万人が祝福した2枚の写真

 

夢がかなってピクサーに就職
あこがれの企業に就職することはとても難しく、ほんのひと握りの人しか実現できていないことでしょう。

10年前の夢をかなえた女性が、比較写真を紹介していました。

When dreams come true : Reddit, coyot - Pixabay

左右とも、ピクサーのスタジオ前に立った、同じ女性の写真なのですが……。

左は、"One day"(いつの日か)と、希望に胸をふくらませた10年前の写真。

右は、"Day One"(最初の日)と、働き始めた10年後の写真。

10年前に夢見たことを、本当にかなえたというツイート。

投稿日は昨年ですが、1年経って118万のいいね、21万のリツイート、3700コメントが寄せられています。(2021年4月12日現在)

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●スイートだね。

↑もっと"Shorts"を作ってほしい。

↑ショートパンツの意味かと思ったよ。ショートアニメのことか。コーヒでも飲んで落ち着くとする。

●映画化すべき題材だ。

●わお、それはすごい! おめでとう。すばらしい気持ちに違いない。

↑ピクサーは増員しているに違いない。少なくともインスタグラムやLinkedInで6人ほど採用している投稿を先週見かけた。

●やったね! 気持ちはわかるよ。
自分はシンプソンズを見て育ち、何年もしてからそのアニメーターになった。
自分からアドバイスするとしたら、毎日ベストを尽くすことで、どんな苦しくても不公平でもあきらめないこと。夢は人生に一度のものだからね。

●ピクサーの従業員になったピクサーのストーリーだって? 真面目に映画化すべき。

●ちょうど今「トイストーリー4」を見てたところ。

↑ピクサーじゃないけど、ドラえもん映画は微妙だった。

↑ドラえもんって映画もあるの?

↑いくつもあるよ。微妙に感じたのはスタンドバイミーとスタンドバイミー2だけどね。劇場の85%が泣いた。

↑「のび太と鉄人兵団」は見たことある? 8歳のときに見て初めて泣いた映画。

●今後、ピクサー作品のすべてのクレジットに、彼女の名前がないか注意深く見ることになる。

●おめでとう! これを読んで、頭のてっぺんからつま先まで鳥肌が立った。

●大きなスクリーンでの仕事を見られることを楽しみにしているよ。

●おとぎ話は真実になるんだ、若さは可能性に満ちている。


いつか彼女が作ったものや、携わった作品が世に出てくるのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。