2021年04月19日 21:05

「ロンドンの景色を楽しみにして、訪れたら心底がっかりした…」その理由がこちら

 

やっとビッグベンが見られたら…
ロンドンを象徴する観光スポットと言えば、やはりビッグベンでしょう。

この時計台を見るのを楽しみにしていた人物が、現地で目の当たりにしてがっかりしたそうです。

なぜなら……。

That time I went to London and finally got to see Big Ben. : Reddit, LoneWombatMedia - Pixabay

なんと大々的に改装中。

周りに足場が組み立てられて、ビッグベンらしさが損なわれています。

元がどんな姿なのかもわからない状態で失望する気持ちもわかります。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●もう2年ほど足場で覆われているままだよ。

↑暗殺を避けるために、女王の周りも足場で覆っているらしいよ。

↑まるでニューヨークみたいだ。
初めてロンドンを訪れたときは、足場がそこら中にあるので、何かの建築ブームかと思ったよ。数年前に現地の建築家と話をしたら、ロンドン市の地域法11を説明してくれた。
6階建てより高いビルの所有者は5年ごとにビルの外観チェックをして、ゆるくなったレンガや石工がないようにする義務がある。
そのときに足場が組まれるのだが、そのままにしておくほうが安く上がる。足場を取り除く法律はない。

↑2018年に訪れたときは足場で覆われていた……。ヨーロッパを周ったけど最も良かった足場は半分がポスターで覆われていて、時計や銅像が見えるようにしてあったところ。

↑もう数年覆われたままで、それからあと数年覆われたままになるだろう。

●ロンドン市民として言うと、観光客がウェストミンスター駅から1歩出たときのリアクションは、めちゃくちゃおもしろいと言っておく。

↑訪問する前に調べないのかな、この足場は3年前にロンドンを訪ねたときからあるよ。

●こんな風に考えることもできる。
英国議事堂の歴史で、ビッグベンが足場で覆われているのを見られる時期は、ほんのわずか。そのわずかな1人になれたんだ。

↑そうだよ。自分が2019年の1月に行ったとき、足場に囲まれた写真を撮ったよ。
ちょっとがっかりだったがビッグベンが足場に覆われているのは短期間だと思った。だからこれは一生に一度みたいな珍しい写真だと思った。
自分はそういう風に思いたいね。

●これは残念だ。

↑すべてのCG映画はこの足場を編集で取り除くので、観光客に不当な期待をさせてしまうんだ。

●まだこの状態なのか。

↑終わりはないんだ。

●まだ工事をしているの? もう24時間ずっとやっていると聞いたんだが。

●去年オランダに行ったときも同じことがあったよ。アムステルダム郊外で偉大な教会を見ようとしたら足場で覆われていた。


歴史ある建物はメンテが必要なので、どうしてもこうした時期がありますね。
長い間この状態のようですが、コロナ禍の影響もあるのでしょうか。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。