2021年05月05日 23:59

デジタル機器を24時間使わずに過ごせたら26万円の報酬…アメリカのレビューサイトがチャレンジャーを募集

 

デジタル断ちチャレンジ00
スマホやパソコンを始め、ほとんどの人がデジタル機器に依存している現代社会。

「もし24時間、完全にデジタル機器なしで過ごすことができたら2400ドル(約26万円)を報酬を払います」

アメリカのレビューサイトが、この企画の参加者を募集をしたところ、多くの応募があったそうです。

挑戦権を得たのはオーストラリアの女性でした。

デジタル断ちチャレンジ01
(credit:Digital Detox Challenge: Can you survive 24 hours without tech?

「デジタル・デトックス・チャレンジャー」に選ばれたのは西オーストラリア在住のジャスミンさん。

1日に平均11時間はスマホの画面を見ていたという彼女ですが、このチャレンジに当選したことで、4月24日土曜日にデジタル断ちを実行。

本来は日中にパートナーが出場する地元のサッカーの試合を観戦して過ごす予定でしたが、週末はロックダウンにより中止。

代わりにいくつかの新しい本とボードゲームを購入。1冊を読破し、パートナーと遊ぶなどして24時間を過ごしました。

ちなみにボードゲームの1つはルールが難解で、通常ならYouTubeでプレイ映像でルール確認するところを、デジタル断ちによって不可能だったことから遊ぶのを断念したそうです。

このチャレンジによって、読書やリラックスした時間の楽しさを思い出すことができ、満足感や達成感を得られたと語っています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。