2021年05月08日 22:37

「オランダには動物柄のクレーン車がある…似合ってる?」納得のデザイン

 

オランダのクレーン車
クレーンは英語で鶴を意味する言葉ですが、別の動物のカラーリングになったクレーン車が話題を集めていました。

いったいどんな動物なのか、オランダで撮影された写真をご覧ください。

なんとキリン!

これは似合っていますね。

さすがに首が長すぎとは思いますが、子供たちは喜ぶに違いありません。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●オランダっぽいね、黄色いナンバープレートが見える。

↑気になる人に説明すると、ここはこれはライデン(ロッテルダム)の"Stadhuisplein"だよ。

●ライデンだ。

↑おもしろトリビア:ライデンはドイツ語で苦痛という意味。

●全てのクレーンにキリンプリントを付けるべき。

↑日本で恐竜の掘削機を見たぞ。戦わせよう。

●きっと政府のプロパガンダなんだ。

●あるいはこのキリンがクレーンのプリントをしている。

↑ストックホルムにある別のキリン・クレーン車を見るべき。

↑見たい人へ
Giraffe crane, Stockholm - Wikimedia Commons

●アーバン・ジャングル。

●オランダ発のすごくカッコいいものをよく見る!
彼らは週末にやってきてはハイになる人のためにわざとやっていると思う。これをハイなときに見たと想像してみよう。

↑オランダから、麻薬の国のステレオタイプなイメージが取り除かれるまでに、どれくらいかかるのかな。他にもっとリベラルなポリシーの国がたくさんあるのはみんな知っているよね。


ちょっとかわいい工事現場となっていました。鶴のバージョンも作ってほしいところですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。