2021年05月13日 20:00

アメリカの女子高生「お菓子の袋で作ったドレスを着てみた…」

 

ドリトスの袋でプロムドレスを作ってみた
プロムとは、アメリカ・イギリス・カナダの高校の最終学年の終わりに、男女ペアで参加するフォーマルなダンスパーティのこと。

相手が誰であるとか、どんなドレスやタキシードを着るかを考える大事なイベントなのだとか。

とある女生徒が、ドリトスの袋でドレスを作ったそうです。

すばらしくクールなドレス!

ドリトスの鮮やかな赤がドレスにピッタリですね。

人の目を引く色であることは間違いないですが、高校の一大イベントを飾るにはうってつけですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

(投稿者)これは2年前に、まだリアルにプロムが行われていた頃に作ったもの。
残念ながら耐久性が低く、自分はダンスが大好きなので実際のプロムには着ていかなかった。これはアート作品として展示して賞を受けた。

↑ファッション関係の大学へ進んだ? あるいはこれは趣味のプロジェクト? 感心したよ。

●それはどんなにおい……なんだろう。

↑ドリトスの汗と後悔。

●それは汗に関してはどうなの? 通気性がいいとは思えない。

(投稿者)快適さのためにストレッチする生地と合わせてあるけど、その通りで、トップは汗マシーンだよ。

↑それはナチョス問題。

●それを着て門限を超えられるようにがんばれ。
これは究極によく出来ている。パートナーもクールなタキシードを着ますように。

●オレの文化はお前のドレスではない。

↑ナチョ・プロム・ドレス。

●ゲーマー文化の盗用だ!

●その田舎の背景も気に入った。カッコいいよ。

●人によってはチップスを肩に載せるが、あなたのは体中である。よくやった。

●自分のドレスを裁縫するのも楽しいけれど、環境に優しく独特で勇気あるのもすごく良い。

↑さらにポケットにスナック。


ダンスには向かなかったとのことですが、アート作品としても楽しいですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。