2021年05月21日 18:30

アメリカで話題の「画期的な設計」の新しい高校…その理由は悲しいものだった

 

アメリカの新校舎の哀しい現実
アメリカ・ミシガン州に新しく建てられる高校の校舎が「画期的な設計」であると話題を集めています。

しかしながら、その理由はとても悲しいものでした。

This is horrifying : Reddit

「ミシガン州の新しいハイスクールには、銃乱射事件を想定した隠れスペースが用意されている。カーブのついた廊下には大きなセメントブロックが置かれ、見通しを悪くしてある。銃乱射を想定した校舎になっているのだ。アメリカはもう内側から腐っている」

命を救うために必要なのは理解できるけれど、銃社会の現実が悲しい……。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●興味深いことに第一次世界大戦の塹壕も同じコンセプトで作られた。ジグザグになった塹壕は見える範囲を狭くして隠れた。防空壕もね。

↑それだと子供らの監督が難しくならないかな? 銃撃のない日は。

↑「アメリカのスクールシステムにようこそ。西部戦線のようだがマスタードガスは少なく、参加者はもっと若い」

●あらかじめ計画された隠れスペースに興味がある。自分が高校生のとき頃はそういう場所をハイになるために使っていた。

●その学校には正門にお花を置く場所と「お祈りの部屋」はある?

●これぞ病気ではなく対処療法ってやつだ。

↑何もしないよりはましだね。

↑でもわれわれにはフリーーーーダムがある。

●銃の愛好家は、少なくとも銃を所持してない人を知っている。

●「あらかじめ用意された隠れスペース」
乱射する人間もその場所を知っているのでは。

↑中から封鎖できるから、場所がわかっても入って来れない。

●問題を避ける方向に解決できないものか。

●たくさんのお金を銃乱射事件のためのデザインに使うなら、銃を規制するほうに使えないのか。そのほうが安くて効率的だと思える。

校舎の映像は以下をどうぞ。

This Michigan High School Is Being Built To Deter Active Shooters | NBC Nightly News - YouTube

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。