2021年06月05日 16:18

「ウェンディズ公式アカウントが、きついツイートをしている…」ライバル店のメニューについてひと言

 

ウェンディズのキツーいツイート
多くの企業がTwitterアカウントを持つ時代になり、新製品・イベントの通知からユーザーとの交流まで、活用の仕方もいろいろです。

ウェンディーズの公式アカウントが、かなり攻めたツイートをしていると話題を集めていました。

michaelform - Pixabay

ウェンディーズに向けた男性ユーザーのツイート
「ねぇ、バーガーキングにもチキンナゲットがあるのを知ってる?」

ウェンディーズ公式
「そうですね。喉がかわいたと言うなら、ダンプスター(アメリカの移動式大型ごみ箱)をひっくり返せばそこにも水がありますよ」

ライバル社のチキンナゲットなんて、汚水と食べるのがふさわしいかのような言い回し。

公式アカウントとしては攻めすぎですが、大ウケしていました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●地元のウェンディーズには何日も炭酸飲料はなく、半年は氷がないのに、えらそうな言い方だな。

●ステップ1:ダンプスターの水を飲みにいく。
ステップ2:病気になる。
ステップ3:ウェンディーズのツイッターを証拠Aとして訴訟する。
ステップ4:??? 
ステップ5:利益

↑ステップ4:赤痢で死ぬ。

●従業員に十分な賃金を与えていないと叫ぶ人々に対しては、何も言い返しを考えていないらしい。

●えっと、ウェンディーズのTwitterは愉快だが、地元の店の食品メニューはFランクで、30分前に調理されたかのような味だよ。

●企業が面白いことを言うと親近感がわく。

●これは宣伝だよね?

●ウェンディーズは無料の宣伝のしかたを知っている。

●ウェンディーズのツイートを掲示板に投稿するのはずるい。

●誰がウェンディーズのTwitterアカウントを管理しているのか知らないけど、黄金の価値がある。

↑個人じゃないよ。きっとどこかの代理店チームだよ。


炎上のリスクはありますが、低コストの宣伝としては成功しているようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。