2021年06月12日 00:32

「私が12歳のときに描いた猫と、16歳になって描いた猫の絵を比較してみた…」4年間の進歩

 

12歳から16歳になって絵の進歩
どんなに絵の才能に恵まれた人でも、たくさん描くことで上達するものです。

海外の女性が12歳のときに描いた猫と、16歳のときに描いた猫、4年の違いをご覧ください。

stux - Pixabay

左:12歳のときに描いた猫。 右:16歳のときに描いた猫。

左も12歳が描いたとは思えませんが、右は毛のやわらかさまで感じるクオリティ。

4年間の上達ぶりから、本当にたくさん絵を描いてきたのだろうと実感できますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●描き続けてね… :)

(投稿者)描き続けます! ありがとう :)

●猫は4年経っても悲しみ続けている。

↑今は4K画質で悲しそう。

↑さらに4年後が楽しみで待ち切れない。

●かわいそうなこの猫は頭が縮んでしまった。
もちろんジョーク、素晴らしいよ。

●12歳、16歳、20歳の比較を見たい、続けて!

●自分は13歳だけど、棒人間しか描けない。

↑今から学ぶことができる、動画と本がたくさんあるよ。

●目がとても美しい!


絵を描くのが好きで、とにかく描き続けてきるとのことです。継続は力なりですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。