2021年07月13日 22:03

「この20年のゲーム機のシェア争いの変化が面白い…」わかりやすい円グラフ

 

家庭用ゲーム機のシェアの変化
ゲーム機戦争という言葉がありますが、長年にわたってソニー、任天堂、マイクロソフトが家庭用ゲーム機のシェア争いを続けています。

この20年間で据え置きゲーム機の世界シェアがどう推移してきたのか、わかりやすい円グラフの動画が話題を集めていました。

Global Annual Gaming Console Sales 2002 to January 2021 : Reddit


Global Annual Gaming Console Sales 2002 to January 2021 - YouTube

PS2の長期覇権から始まり、Wii時代、XboxとPS3が盛り返して3社が分け合う時代、PS4時代、そしてSwitch時代〜と、この先がどうなるのか全く読めませんね。

あくまで据え置き機に限定したシェア争いなので、DSやPSPなどの携帯ゲーム機は含まれていません。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●SonyとMicrosoftのゲーム機は発売後にどうなるか予想の範囲ないと言った感じだが、任天堂はオールオアナッシングだね。
それから2013年に目だっている「その他」は何なんだ?

↑本当に次世代機のリリースはリスキーだね。たまに報われる(Switch)、そしてたまに元が取れない(WiiU)。

↑任天堂は携帯ゲーム機では異常に売れているよ。だがここ(据え置き)では反映されていない。

↑Switchがリリースから4年経っているのにまだイケてるのが驚きである。

●PS2の長生きぶりが気に入っている。自分は製造終了の寸前に買ったのを覚えている。DVDプレイヤーより安かった。

↑2012年に最初のノートパソコンを買うまで、PS2は自分のDVDプレイヤーだった。

●両親がPS2を2001年のクリスマスに買ってくれた。今でも週に2〜3回はスターウォーズのバトルフロントやバトルフィールドを起動しているよ。
小・中・高・大までずっとプレイして、ほこりを一度もはらったことはない。信じられないハードだよ。

●そのN64の黄金の数秒。

↑N64のピークを見るためには90年代半ばから始めないといけない。
そうしたらドリームキャストの悲しい歴史も見られたね。

●わお、WiiUはかなりのつまづきだね。

↑自分はリリースから1年経つまでそれが据え置き機だと気付いていなかったよ。何も知らずWii Fitみたいな教育的なものだと思っていた。

↑Switchがやってきて、ここからオレに任せろ、みたいな。

●え、PS2は2010年代まで売っていたの!?

↑まだ人気だったからね。

↑最後のPS2のロットモデルは"PES2014"で、2013年の夏に出た。

↑結構安いDVDプレイヤーでもあった。

●任天堂を赤、Xboxを緑にしたほうが見栄えがしたと思う。

↑でもXboxのロゴが見えにくくなったと思うけどね。

●なんてこった、PS2は長く圧倒していたな。

↑史上最高の据え置き機だよ。真のパワーハウスだ。本当に楽しかった。

●オレの愛するゲームキューブがそんな風にしなびて死んでいったことに胸が痛む。

↑正直に他の据え置き機もキューブ形になってほしい。なぜかわからないがその立方体感がいいんだ。

●いったいそのPS5はどこで売ってるんだ。入手がめちゃくちゃ困難だぞ。


コロナ禍で家でじっくりゲームを楽しむ人が増えたようですが、PS5と新型Xboxは相変わらず品薄で買えないと嘆く意見も目立っていました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。