2021年08月13日 13:03

「あなたが実際に見たビジネスアイデアで、最悪だったものは何?」ほろ苦い回答いろいろ

 

ビジネスでこれは最低と思えるアイデア
起業には夢がありますが、安易なビジネスアイデアでは行動に移したときに多くの困難が待ち受けることでしょう。

「あなたが実際に見たビジネスで、最悪のアイデアはどんなものでしたか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

What’s the worst business idea you’ve seen someone try to execute? : Reddit, lukasbieri - Pixabay

●地元の町に、クレイグリスト(個人売買の掲示板)や新聞広告の店舗型ビジネスを始めた人がいた。
お金を払って小さな写真広告を掲示告知板に貼り、客が見に来るスタイル。すでにインターネットにクレイグリストがある時代にだ。店内には実際の商品はなく、単に連絡先と小さな写真だけ。人通りが多い立地でもなく、広告を見に行くためには混雑した交差点を通って駐車する必要がある。
ビジネスは倒産したが、看板を掲げる許可をくれなかった大家のせいにしていた。

↑クレイジーだな。

●義父がフロリダ州まで18時間かけて運転してエビを獲りに行った。小さな車にたくさんエビを載せて帰ってきた。エビを腐らせずに真空にするために何日もかかり、どうにか数袋を友人に売った。車は何年もシーフードのにおいがした。

●高校の友人がコーヒー&ココアの屋台を始めた。無料のハグをして欲しい人にする「ハグコーナー」が売りだった。それは高校生によるアイデアでスタッフも高校生。16歳が無料のハグを客にしなくちゃいけない問題点を全く考慮していなかった。

↑成功はしそうだが、間違った人々に対してだな。

●テレビのビジネス・リアリティ番組で、bluetoothのピアスを紹介している男性がいた。外科手術で外耳道にインプラントし、眠っている間に針を耳に刺して充電する仕組みだった。

↑アイオニック・イアー!

Shark Tank Worst Pitch Ever #1 Ionic Ear - YouTube

●アダルトグッズの月間レンタル。毎月違うグッズを貸してもらえる。

↑返却する部分を考慮して、正しくマーケティングするといいビジネスになると思う。

●小さな店か家の頭金になるくらいの遺産を得た男が、タツノオトシゴの養殖を始めた。ブリードが非常に難しいらしい。

↑それをどうするの? ペット?

↑ペットとしては人気だよ。どうやって育てて増やすかを知っていれば、悪いアイデアではない。

●2005年くらいに友人の父親がゲームセンターを始めようとした……小さな町で。
学校から歩けるくらいのところで中古筐体を使った。問題は学校からそこまで歩くには、食事も売ってる大きなゲームセンターの前を通る。

●空手の授業で、若者が24時間対応の何でも屋を始めると言った。どの地区のどの場所でも対応するとね。
2006年頃の会話。
「いいとは思うよ。だけどトラックはローンで買って工具もいろいろ買いそろえるの? そもそも君のケータイは通話時間が少なかったよな? 固定電話にするの?」
「違うよ、自転車で行くんだ。それから工具はそこの家が持っている物を使う」と答えた。
深夜3時に自動湯沸かし機から水が天井に吹き出されているとメールが送られてきて、自転車で向かい、自分が持っていない工具やはしごを使って直すんだってさ。

●ラスベガスに住んでいる。
20代のころ「ストリッパーのためのマイスペース(SNS)」を作っている男性に雇われた。プロジェクトの目標は、ユーザーがお気に入りのストリッパーをフォローしたり、どのクラブでいつダンスをしているかを知るためのもの。
(自分が雇われて何か月もたってから)そのプロジェクトは頓挫した。登録するストリッパーが誰もいないと気付いたからだった。


ビジネスを始める気概は大したものです。どこか改善すればビジネスとして成立するものもあるかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。