2021年08月21日 22:04

犬の飼い主「留守中にロボット掃除機が悲惨なことになっていた…」

 

留守中にルンバを動かしていると
すっかりメジャーな家電となったロボット掃除機。

犬と留守中に起きた悲劇をご覧ください。

WCGW Running your Roomba when you’re not home : Reddit

不幸にもしっぽに巻きついてしまい……。

離れないことにびっくりした犬が2階に上ると、哀れなロボット掃除機は階下へ落ちていきました。

犬としても、おとなしく座っていただけなのに……。もう一匹の犬も何事かと心配そうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●外れてよかった。1日中はさまっていたらどうなっていたか。除去するのに階段を使ったのはポイントが高い。

↑ほとんどのロボット掃除機は詰まって1分くらい経つと機能が止まる。犬が階段を使ったときには単に毛がブラス周りに巻き付いただけだと思う。掃除機はひとりでに止まるように出来ている。

↑今は掃除機にカメラがついて、犬の糞を見極めてそこら中に広げないように作られている。もし犬を監視なしで家に残し使うのであれば自分ならそのタイプを買う。
それでもスイッチを入れる前には、犬は別のところにやり、床からは犬のおもちゃは拾っておく。

↑そうやって機械に対する戦争が始まるんだ。10年後にはスカイネットが全ての掃除機をコントロールし始める。

●これは今日一番のサスペンス動画だった!

●もし犬が2階でルンバが取れて、飼い主がルンバを2階で見つけたら混乱するだろうな。犬はびっくりするほど落ち着いていたよ。これが猫に起こったと想像してみよう……完全に破壊されてルンバはアフガニスタンで見つけたと報告されていたと思う。

↑ううう、それはきっとすごいことになる。

●彼らの沈黙のコミュニケーションが気に入った。
心配した耳がフラットの犬
「なあ兄貴、どうしたらいい?」
「わからない、くそ!」

↑「2階へ行ってみるのは?」
「オッケー、なんてこった、効果あったみたいだ」
「それ死んでる?」
「ちょっと見てきて」
「うん、死んでるよ」

●誰かが帰宅したら、フロアの真ん中でルンバが破壊されていて、一体何があったのかと不思議に思い、動画で確認したらこの傑作が見られたってことだよね?
自分なら残骸を見て文字通りちびったと思う。

●2匹がお互いに相談しあっているのが気に入った。
「そんな状況は今までに見たことがない……2階に駆け上がってみたら? うん、それでいけたね」

↑2匹目の犬がチェックしているのが気に入った。
「いったい何が問題?」
「しっぽにくっついているんだ」
「ちょっと待って……ふむ。そうだね、しっぽにくっついているよ」

●これがチワワでなくてよかった。そのまま吸い込まれてしまったな。

↑とてもクールな犬だよ。パニックも起こさず……正しく憤慨して、階段で振り落とすのに成功している。ゴールデンは最高の犬だよ!

●「そうやってルンバは犬の味を覚えていくんだ」


帰宅した飼い主は、さぞ驚いたことでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。