2021年08月22日 15:42

「安全に見えるけど、実際はそうではないものは何?」意外な危険いろいろ

 

安全そうに思えるが、実際にはそうではない
日常の中にも危険はたくさん潜んでいます。

「安全そうに見えるけど、実際はそうでないものは何がありますか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

What is something that sounds safe but actually isn't? : Reddit

●乾燥機の糸くず。
みんな乾燥機の通気孔はきれいにしよう。

↑自動車でヘッドレストなしで運転すること。これは単なる快適な枕ではない。

●農業。
みんなは田園風景の牧草地、赤い納屋、かわいい家畜が走り回っている……くらいに考えている。
農業はアメリカでは6番目に危険な仕事。
警察、消防士、電力線作業員、鉄骨組み立て工よりも危険なんだ。ほとんどの農業の事故死は機械類に関連しているが、穀類倉庫の死亡率もかなり高い。
例えば、もし作業員がキャノーラ油の容器に落ちると、底まで沈んで短時間で窒息する。

●四輪駆動車。
何が出来るか、どんなに簡単にぐらつくかを考慮しないで乗ると、簡単にケガ人や死者を出す。

●穀物サイロ。毎年人が死んでいる。理由は静電気で爆発するため。

●普通に階段の上り下り。

↑つまずいて骨折した。

●役人をしている事故調査担当の友人によると、アヒルボート。

●上司のことを本当にどう思うかを人事部に話すこと。

↑大勢が何をしたかではなく、何を言ったで解雇される。やむを得ない場合を除き、口にはチャックしておくといい。

●鋭いナイフではなく、鈍いナイフを使うこと。

●知らない人と話すこと。いったい彼らがどれくらい異常かわからない。

●猫のトイレを漂白剤で洗うこと。アンモニアとブリーチを混ぜてはいけない。


思いもよらぬもので、危険なものはまだまだたくさんありそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。