2021年09月04日 20:25

海外で盛り上がっていた「日本の道路の合流地点」

 

日本の合流ポイント
日本のありふれた高速道路の映像が、海外掲示板で話題を集めていました。

その理由は……。

Simple things in Japan that I love. : Reddit


Simple things in Japan that I love. - YouTube

2つの道路の合流地点。

ごくありふれた、見るべきところのない退屈な動画です。

しかしながら、国や地域によっては交互に譲り合うルールが成立してないため、美しい光景だと盛り上がっていました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●それはどこでもそうじゃないの!? 

↑インド語で大爆笑。

↑ポルトガルだが、ぼちぼちこれをする感じ。

●これはインドでは絶対に起こらない。

↑1台の車が入り、すると鎖でつながったように10台が入り込む。さらにそのバトルに負けた車は、後ろの車に怒ったクラクションが浴びせられる。

●他者を考慮しあってルールを守るとき、物事はスムーズに簡単に運ぶ。

↑それは今スイスに住んでいる自分そのもの。外国人はスイス人のことをルールが厳しすぎる、固執している、退屈だと言う。
だが、すべてのものが機能している。だから小さな事を気にせずに日常生活が送れる。そして他人も同じように守ってくれると信頼できる。

↑アメリカでは絶対に起こらない。

↑日本から帰国したとき、交差点の信号待ちで立っていたら、誰かが自分の前に立った。めちゃくちゃムカついた。日本社会だって問題を抱えているにしろ、彼らは礼儀正しいし、日常で規律を守っている。

●ジッパー合流だね。お互いに思いやると美しいよ。

↑スウェーデン人だけど、他国との比較はわからないがジッパー合流は極めている。それに列に並ぶこともね。他人と距離をとることも。それから他人を怒らせたり、人を引き止めたりせずに済んでいる。

●なんてこった。36秒の交通映像を見させられただけとは。

●われわれドイツ人も(少なくとも教習所で学ぶ)これをしているけど、動画はかなりエレガントで礼儀正しさを感じる。

●うちの国では3車線が2車線に合流するときは、ぐちゃぐちゃになる。4車線になって誰も1インチさえ譲らない。交通は退化している。

●これぞ文明だ。

●それは合流と呼び、どこでも普通にあるべき。

●ここスイスでは普通なので、はるばる日本まで行く必要はない。

●イギリスもこうだよ。


交通マナーは日本でも地域差がありますが、全体の効率は優先してほしいですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。