2021年09月20日 21:11

「いきおいで世界一危険な登山道に挑戦するとこうなる…」高所が苦手な人の受難

 

もう後戻りは出来ない、史上最高に怖いハイキング
登山道やハイキングコースの中には、危険を感じるほどの高所もあります。

世界一危険な登山道に挑戦してしまい、後戻りできなくなってしまった人をご覧ください。

There's no turning back now : Reddit, Rappellingusa - Pixabay

これはつらい……。

足がプルプル震え、戻るに戻れなくなってしまいました。いったいどうなってしまうのでしょうか。

そもそも、ここまでまずどうやって来たのでしょうか。

ちなみにこちらは世界一危険な登山道として有名な、中国華山の「長空桟道」。


华山 Hua Shan Cliffside Plank Walk - YouTube

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●後ろにいる男は……いつもの木曜日の朝だな……。

↑「速く、そいつを落とせ、全体の運行を邪魔しているだろう」

↑彼らの心がそっちに傾いているのが見える。

↑興味のある人に説明すると、ここは中国の「華山」"Mount Hua"だね。
YouTubeでは世界で最も怖い登山道と紹介されているけど毎日1000人くらいが登っている。
登山前に登山用ハーネスが与えられているので、彼の足はロープの上になくても落ちない。足を支えるところは実際はとてもたくさんある。興味のある人用にYouTube動画もある。

Deadliest Hiking Trail in the World | Huashan Mountain - YouTube

↑行ったことがあるよ。このロープの部分を歩くかどうかは完全に選択可能。なぜ彼はしなくてもいいところに挑戦してしまったのだろう。(笑)

●これはスカイダイビングをしているときの自分そのもの。日程が近づいても深く考えてなかった。だけど当日に飛行機に乗ってハッチを開けられたら、もう戻ることはできない。自分は凍りついた……幸運にもそれはタンデムジャンプだった。かわいそうなインストラクターは生気ゼロの体を引きずってジャンプしなければいけなかった。

↑自分もそうなる。

●こんな悪夢を何度見たか知れない。崖っぷちで体が麻痺して、どうやってそこに行ったのか、それからどうしていいのかわからないんだ。

↑自分もそういう夢の「巨大な波」バージョンを見る。波に飲まれて脱出できない。

●そこまで怖がっているのに、どうやってそこまでたどり着いたんだ。

↑ロッククライミングでそうなる人を知っているが、途中で真下を見たとたんに「そうだ、これは異常な状況だ、これは怖い。いったいどうしてこうなった?」と固まって、ヘリコプターで救出が必要になった。
なぜその時点で急に恐怖スイッチが入ったのか説明はできず、克服することは出来なくなった。15mくらいのはしごさえ登るのに苦労した。
ついでにヘリコプター救助による請求書の恐怖症も発症した。

●少なくとも彼が克服するのか1分くらいは見ていた。

↑いや、この男はまだそこにいるんだ。震えが夜の照明パワーになっていると思う。

●誰が最初にこの登山道を設置したのかと考えてしまう。

●そのロープは彼の恐怖で震えているのか、風で震えているのか、わかりにくい。

●足がつったか何かだと思う。それでも怖いけど。

↑自分もそう思った。痛みに耐えてるようで足は固まって変に伸びている。それでも怖い。

●これを見ていて、自分の不安症が急激に上昇した。高所恐怖症は最低だよ。


ハーネスありでも見ているだけで不安が増しますが、無事に降りられたことを祈ります。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。