2021年09月30日 00:13

「コロナ禍でもおばあちゃんに参列してほしい」アメリカとカナダの国境で結婚式が行われる

 

アメリカとカナダの国境で結婚式
カナダ女性とアメリカ男性がめでたく結婚式を挙げることになったのですが、コロナ禍のため高齢の祖母に参列してもらうのは難しい状況。

そこでふたりが考えたのは、両国の国境で式を挙げることでした。

Takmeomeo - Pixabay

ニューヨーク州バーク郊外にあるカナダ・アメリカ国境で結婚式を挙げたのは、新婦のカレン・マホニーさんと新郎のブライアン・レイさん。

ふたりの祖父母の中で存命なのはカレンさんの祖母のみで、現在96歳なのだとか。

現在アメリカでは陸路による不要不急の国境超えを規制しており、空路では高齢者にはリスクが高いことから、この国境結婚式を思いついたのだとか。

現地にフェンスなどはなく、友人の国境警備員が立ち会って国境を超えたり物を交換したりしない条件の元、粛々と式が執り行われました。

参加者みんなが感動的で忘れられない一日となったとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。