2021年10月29日 13:20

「オペルの車内に隠された『サメ』がいるって知ってた?」→必死に探すオーナーが続出する

 

オペルの車には隠されたサメがいる
オペル(ドイツの自動車メーカー)の車内には、どこかに「サメ」がいるそうです。

オーナーでさえ気付かないほど巧妙に隠されているのだとか。

いくつかの例をご覧ください。

Every Vauxhall car built since 2004 have a hidden shark somewhere in the car. : Reddit

おお、「サメ」と言われないと気づけないほど、こっそり隠されています。

助手席の前にあるグローブボックスを開いた横の部分だったり、カップホルダーの底だったり、車によって場所やデザインが異なります。

オペルや子会社のボクスホール(主にイギリスで展開)の2004年以降に製造された車種の大半には、こうしたサメが隠されているとのこと。

オペル系列の車に乗るたびに探す楽しみがありますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●それはクールだ、でもボクスホールの車を買おうとは思わないけど。

●ボクスホールの車って何?

↑今日までそのブランドを聞いたことがなかったことに驚き。自分は30代半ば。

↑ほぼイギリスだけで存在するからだろう。ヨーロッパではオペルの名前で売られている。

↑アメリカ人は「サターン」として知っているかも。

●ボクスホールだけ? あるいはオペルも?

(投稿者)Googleによると、ほぼ全てのオペルにサメがあるが「カスケーダ・コンバーチブル、カールハッチバック、モッカX、コンボ、モヴァノ、ヴィヴァーノバン」は例外。

●2か月くらいのボクスホール新車を持っているよ。ちょっと隠れたサメを探してくる。は8シーターなので時間がかかるかもしれない。
(追記)スーパーの駐車場でかなりの時間を費やしたけどまだ見つからない。どこにもサメはない。ちょっと失望してる。

↑ハハハ、探すのをがんばって!

↑これは投稿者がみんなを混乱させていて、急にボクスホールの所有者が存在しないサメを探していたら面白いと思う。

↑自分はこれを前にも聞いたことがあるが、真実かどうかは知らない。もう一度自分の車にないか探そうと思う。

↑このサスペンスがたまらない。

↑妻のボクスホール:アダムは、助手席サイドの後ろのカップホルダーの入れ物のところにあったよ。

●よし、これから渋滞のたびに探すよ。

●「サメの由来は何?
2004年のある日曜日、オペルのデザイナーであるディエットマー・フィンガー氏は自宅で新しいコルサのデザインを描いていた。
より正確に言うと、パッとしないグローブボックスの外のウォール部分で、ほとんど閉められているので助手席のドアに隠れてしまう。
そのスケッチを見た彼の息子が「パパ、サメを描いたら?」と尋ねてきた。ためしにその骨組みのところをサメにしてみた。こうして新しい伝統が生まれた。(後略)」


サメを探し始めるオペルやホクスホールのオーナーが急増していました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。