2021年11月28日 00:23

「作物の上にネットが張ってあると…」→水やりが魔法のように楽になる

 

作物に水をやる様子
作物の上にネットが張ってあると、毎朝の水やりが非常に効率的になるそうです。

魔法のような朝の水やりをご覧ください。

Watering crops with the night's condensation : Reddit


Watering Crops with the Night’s Condensation - YouTube

畑の上に張ってあるネットに、石か何かを投げると大量の水が落下!

ネットに付着した朝露が衝撃でくっついて、土砂降りのように落ちてくる理屈のようです。

何と楽ちんで、効率的な水やりのしかたなのでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これはクールだ。

●最初から天井のネットがないなら同じ量の水分を得られるのではないの?

↑違うね。
天井のネットによって表面を増えるので、空気中の水蒸気が水に変わる(結露)。

↑理論的には2倍に水分が得られるね。植物につく結露と天井のネットの分。

●これは朝1杯目の水を飲んだときの気分を視覚化したものだ。100000%の水分補給。

●おそらく古いパイプから流れてくる汚染された水よりきれいだね。

●これは子供のときにやった天才的なイタズラを思い出す。
雨が降って友達が木の下にいたら、疑いもしない友人の頭に葉っぱの水を落とすためだけに木を蹴る。
コツは自分はできるだけ濡れないようにすること。兄貴にいつもやられてたよ。
この動画を見て、そこの真ん中に兄を立たせて、ささやかな復讐が出来ないかなと思った。

↑寒冷時にも同じことが出来る。それは雪!

●「頑張って働く」ではなく「賢く働く」を体現したもの。

●素晴らしい方法だ。初めて見た。


このネットは雹(ひょう)などを防ぐためのものだそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。