2021年11月28日 22:46

最悪の変異株「オミクロン株」南アフリカからオランダへ入国した搭乗客のうち61人が陽性と判明…海外の反応

 

新変異型「オミクロン株」
しばらく日本では新型コロナの感染者数が低く抑えられており、比較的落ち着いた日々が続いていますが、次に恐れるべきは新たな変異種が海外からやってくること。

そんな中、非常に高い感染力を持つ新変異型「オミクロン株」がアフリカで検出され、各国に緊張が走っています。

11月26日に南アフリカからオランダに入国した飛行機からは、61人も陽性者がいたことが判明しました。

61 people on flight from South Africa to the Netherlands test positive for COVID-19. : Reddit

61人の陽性者が「オミクロン株」かどうかは追加検査を待つ段階ですが、陽性者はオランダの空港近辺のホテルに隔離されています。

オランダでは10月から感染者数が激増していましたが、さらに警戒ムードが上がっているとのこと。

アメリカ当局の医療顧問は「これほどの感染力であれば、ほぼ確実に世界中に広まる」と「オミクロン株」に対して強い懸念を示しています。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●オミクロン株は潜在的にもっとも感染力の高い変異型。南アフリカでは、感染者が火曜日868人→木曜日3500人に激増した。

●なぜ飛行機に乗って新型コロナ感染なの? 搭乗客は検査していないの? 誰も症状なしだったの?

↑原則的にはワクチンを受けていれば十分だとみなされている(個人的には賛成していない)。
しかしそんなに多数の陽性者が出ているなら、コントロールされているのか疑う(あるいは書類が偽造されたとかね)
今年の夏にドイツからのフライトを利用したけど、そこら中のポスターで忠告されている割りに、ワクチン接種や陰性証明のチェックは受けなかった。

↑他の国で新型コロナに感染し、偽造の陰性証明をもらってアメリカに戻ってきた人を知っている。異常なほど無責任だ。
搭乗させないこともあまり効果はない。裕福な感染者は行きたいところに行く方法を見つけると思うよ。

●搭乗していた残り540人の陰性者は、まるで濃厚接触していないかのように、自由行動が許可されているのか。

●2機の満席のフライトのうち10%が陽性者だった。
オランダに到着した全搭乗客は、同じ室内で何時間も一緒にいた。多くはマスクもしていない。陰性だった人は去っても良いし、さらに乗り換えた。クレイジーだよ。
この1回のイベントで、新変異型は全大陸に1週間以内に広まるね。

↑10%は異常に高い数字(通常は搭乗客の0.18%が陽性)。
新変異型が疑われる中、陰性として空港を去った人のうち何%かは陽性に変わるであろう。オランダの非常に無責任な行動。

↑すでにヨーロッパに渡り、ほぼ間違いなく世界中に数週間で散らばる。

↑ショッキングで無知な決定をした。搭乗客は感染力の強いウィルス接触者だった。もし感染していたら陽性と検査で出るまで3〜4日はかかる。彼らはホテルで隔離されなければいけない。
しかも1人暮らしなら自主隔離をする約束で家に帰してもらえると言う。いったい何人が約束を破るだろうか。

↑南アフリカからのフライトを止めるべきと各国で議論しているところで、こういうことが起こる。なんてジョークなんだ。

●すでに1年は「グラウンドホッグ・デー」(同じ日が延々と繰り返される内容の映画)を続けている。クソくらえだ。

↑いやいや、シーズン2に入ったところだよ。

●この人達は旅行前の検査を義務付けられていたのではないの?

↑自分はオランダから帰ってきたところ。
ほとんどのヨーロッパで規制がゆるいことに驚いた。イギリスへ飛行機で渡るのに検査は必須ではない。唯一必須なのは到着してから48時間以内の検査。
そのロジックが理解できなかった。
機内や空港、そして日常生活の2日間で、いったいどれくらいの人と関わりを持つと思っているんだ? 

↑どれだけの人が、検査当日は陰性で、その翌日や数日後に陽性になるか想像してみよう……。

●それで昨日アメリカン航空のマイアミからフライトで、前に座るバカが咳をしたりくしゃみをしたり鼻をかんだり……それもフライト中は一切マスクをつけずにだ。
乗務員たちは見ていたのに何もしなかった。
ありがとうよ、アメリカン航空。t

●自分はファイザーが新しいワクチンを100日以内に用意をすると読んだ。医学サイエンスは注目すべきで、科学者たちに拍手喝采である。

●知りたいことは、なんだって検査や審査が厳格な空港のプロセスで、10%もの搭乗客が感染しているの?

↑多くの場所でアメリカと同じ量の審査をしているわけではない。

●これだから、部分的な旅行規制はうまくいかないんだ。
バイデン大統領は南アフリカからの入国を禁止にしたが、それは南アフリカの感染者を他の国に行かせることを止めていないし、他の国を経由して来ることも止めていない。

↑問題は南アフリカではないよ。南アフリカだけがゲノムテストをしたに過ぎない。もう変異型(オミクロン株)はすでにあちらこちらに広まっている。

●このストーリーは2020年1月の中国からのフライトを思い出す。嫌な予感がするが、どうにか出来ないものか。


日本では現時点で検出例はありませんが、なんとしても上陸を防ぎたいものです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。