2021年12月01日 22:08

「イギリスにはレンガ造りのねじれた煙突がある…」どうやって建てたのか気になる建造物

 

ねじれたレンガの建物
イギリスは家や公共の建物の大半がレンガ造りですが、ウェールズ地方には変わったデザインの煙突があるのだとか。

くねくね曲がった不思議な建造物をご覧ください。

Now That's Some Fancy Brick Laying. : Reddit

途中がねじれている、謎の建造物。

かつてこの地にあった「製鉄所の煙突」をモチーフにしたアート作品だとのこと。

Googleストリートビュー

でもレンガをどうしたらこんな風に積めるのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●どうやってこのレンガを積んだの?

●ただこれはレンガで作られているわけではない。良いデザインだけどね。

↑何で出来ているの?

↑ポリスチレンとペイントだよ。

●これはポリスチレンを彫ったもの。表面は6mmミリの Armour-Lyte(アーマーライト)でコーティングされている。塗装はスチールモンキーシアターカンパニー。
レンガは幻想だよ。

↑それは残念、それを知って楽しさが減った気がする。

●手がけたアーティストはブライアン・トーレ氏。

●父親の家の近くにあるよ。

●きっと3Dプリンター製なんだ……。

↑その3Dプリンターはすごいな。

●本当のレンガでこれを作ることは可能なのだろうか?


実際はレンガではないとのことですが、現地で見てみたいですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。