2021年12月23日 00:13

非常に珍しい「恐竜の赤ちゃん」の完全な化石が卵の中から見つかる

 

恐竜の赤ちゃんの完全な化石が見つかる
恐竜の赤ちゃんの骨はもろく、保存状態の良い化石は非常に珍しいのだとか。

中国の江西省で発掘された卵から、丸まった状態の赤ちゃんの化石が発見されたと科学誌が報じています。

AStoKo - Pixabay

発見されたのは7000万年前のオビラプトル科の恐竜で、卵の全長は約17cm。赤ちゃんの全長(頭から尾まで)は推定27cm。成体は2〜3mほど。

今回の発表を行ったカナダ・カルガリー大のダーラ・ゼレニツキー准教授は、
「恐竜の卵を25年間研究してきたけれど、このような完全な赤ちゃんを見るのは初めて」と語っています。

ふ化する前の胎児がどうなっているかは今まで情報が乏しく、鳥への進化の手掛かりになると期待されています。

(参照:オビラプトル)

Oviraptorid Defends Her Nest from Predators| Planet Dinosaur | BBC Earth - YouTube

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。